« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

ヒナを拾わないで

野鳥の会のポスターで『ヒナを拾わないで』と啓蒙しているが、なかなか認識されていないようだ。

先週の日曜日(22日)の町内清掃の時、刈った草の山を捨てようとしたら1羽のヒナが飛びだしたとのこと。

我が家の鳥好きを知っている燐家のご主人がなんとかしてくれと言ってきた。

Photo

Img_1277

Img_1285

Img_0317

はじめスズメのヒナだと言われたが、よく見るとカワラヒワだった。

そこで、必ず親が見守っているのでヒナを拾ってはいけないことを説明し、道路に飛びだせないところに置かせてもらった。

しばらくその場を離れて見守っていると、カワラヒワが近くの電線にやって来て、ヒナも反応して見やすいところに出てきた。

これで安心、助かった~~sign03

2016年5月30日 (月)

海は空気が澄み渡る

曇り空というのに、どういうわけか空気が澄み渡り、今日の海は水平線までくっきりと見渡せた。

水平線の彼方の漁船の周りをミズナギドリ類が飛んでいるのを見ることができたし、はるか遠くのウミネコもはっきり見えた。

お腹の黒いミズナギドリが水平線すれすれに飛んだり、時には水面に降りたりするのも見えた。

ウミネコと同じような所にいることが多いので、その辺りに魚がいるのだろうか。

そうこうしているうちに、ハシボソミズナギドリと思われる個体が1羽比較的近くへ来てくれたので、何とか証拠写真を撮ることができた。

右がハシボソミズナギドリで左はカワウdown

Img_0746

Img_0827

Img_0821

Img_0820(ここまでデジスコ)

Dsc_3220

Dsc_3220_2

Dsc_3222

Dsc_3223

Dsc_3231

Dsc_3241

Dsc_3242

Dsc_3248(ここまで一眼)

28日はオオミズナギドリがたくさん見れたが、今日は1羽も見えなかった。

おまけでウミネコの飛びもの。成幼に関らず羽がボロボロだった。

Dsc_3253_2

Dsc

Dsc_3265

Dsc_3264umineko6

2016年5月29日 (日)

モズとアマサギ

先日の散歩の時、背中から頭が赤っぽくて腹の白いモズを見た(ような気がした)。

それから何度か探しに行き同所でモズを見るには見れたが、警戒心が強くてなかなか写真が撮れない。

モズくらいはどこにでもいるので、先日見たのと同一個体かどうかもわからないし、たぶん普通のモズだろうが、やっぱり確かめるまではスッキリしないので、今日も行ってみた。

何枚かの写真は撮れたが幼鳥ばかりだ。ぜひ親を見てスッキリ&ガッカリしたいものだ(笑)。

Dsc_2230

Dsc_2416

Dsc_2375

Img_0621_2

Img_0542_2

Img_0543_2

Img_0572_2

Img_0575mozu5_2
そして、待ちに待ったアマサギが散歩コースに来てくれた。

全部で6羽。出血しているように赤くなった個体やその途中の個体もいた。美しい~heart02

Dsc_2731

Dsc_2762

Dsc_2763

Dsc_2764

Dsc_2808

Dsc_2828

Dsc_2831

Dsc_2899

Dsc_2913

Dsc_3129
お食事の様子も撮ることができた。

Dsc_2942

Dsc_2943

Dsc_2944

Dsc_2945

Dsc_2946

Dsc_2947

2016年5月28日 (土)

アマサギ美しい♪

アマサギが近くの田んぼにいた・・・と、自転車で海まで来た中学生バーダーに教えてもらったのは14日。

そこで後日探しに行ってみると、本当にいたnote 今季初見だ!(19日)

Dsc_0261

Dsc_0272

この日は時間がなくて近寄れなかったが、三日後(22日)また同所で数羽のアマサギに出会え、写真を撮ることができた。

まずは遠くから・・・

Dsc_0283

Dsc_0299

Dsc_0358

Dsc_0309
そのうち1羽が近くで撮らせてくれたheart04

Dsc_0390

Dsc_0396

Dsc_0397

Dsc_0400

Dsc_0412

Dsc_0417
なんと美しいshineshine神様は最高の芸術家だなぁ~。

田んぼで何か小さな物を食べていたが何だろう・・・こんなものでお腹の足しになるのかなdelicious

Dsc_0445

Dsc_0451

Dsc_0459

Dsc_0462

Dsc_0475

Dsc_0549

そして今日はやっと家の近所でもアマサギがいたらしい。明日にでも探してみよう。

2016年5月25日 (水)

カイツブリ誕生

カイツブリの抱卵を見守っていたが、昨日ついにヒナが誕生していたshine

現場では1羽だけ誕生しているように見えたが、写真をよく見ると2羽誕生しているようだ。

3

Img_9795

Img_9787

Img_9800

親はまだ、残りのたまごをひっくり返して抱卵しているので、あと2羽の誕生が期待される。

Img_9695

Img_9707

Img_9622kaituburi8

Img_9631kaituburi9

※最初たまごは全部で3個のように見えたが、4個だったかもしれない。

2016年5月24日 (火)

ササゴイ

以前にササゴイがいた場所が、工事で最近は何もいないと聞いた。

それでも、今はどうなっているか確かめようと行ってみた。

道路は交通量が多く歩道もないので、民家の間をすり抜けたりして苦労したが、

橋の上からのぞくと・・・ササゴイがいた!!

Dsc_1747

Dsc_1748

Dsc_1749

Dsc_1750

Dsc_1764

Dsc_1777

前はもっと下流の方にいたが、工事で追われて上流まで来たのかな。

何はともあれ、2羽のササゴイを確認できたのは大収穫だった。

ついでに、これも以前はよくいたイカルチドリが、3羽ほど鳴きながら飛んで来てくれた。

Dsc_1907

Dsc_1913
下の写真は3月31日撮影分で、同じ川のさらに上流にいた。

現場ではてっきりイカルチドリと思っていたが、写真をよく見るとコチドリのようだ。

Dsc_8706

Dsc_8711

Dsc_8720

Dsc_8713

2016年5月23日 (月)

さえずり合戦

すごくサービスの良いキビタキがいると教えてもらい、森へ行った。

うわさどおりの大サービスで、たっぷり美声を聞かせてくれた。

Dsc_0723

Dsc_0748

Dsc_0827

Dsc_0913
このキビタキ、さえずりながら羽繕いを頻繁にして落ち着きがない。

虫でもついているのかと心配になる。

Dsc_1116

Dsc_0768

Dsc_1360

Dsc_1126

Dsc_1000

Dsc_1070

夕方近くを散歩していると、美しいウグイスの鳴き声が聞こえる。

なんと、こんなところにウグイスが・・・

Dsc_1643

Dsc_1644

Dsc_1671

Dsc_1698
今日はオマケまでもらった気分で、ついてるな~note

2016年5月22日 (日)

伊勢湾は厳戒態勢

今日も海へ行ってみたが、干潟のメンバーは相変わらずだった。

Img_8568

Img_8694

Img_8758kyouzyo

Img_8833
別の浜へアジサシを探しに行ったら、アジサシはいなかったがウミネコがたくさんいた。

成鳥もいたが、幼鳥がほとんどだった。

Img_8915

Img_9037

Img_9052

Img_9069

それよりも圧巻だったのは、多数のヘリが飛んでいたこと。

団子になって6~8機くらいが飛んでいたが、残念ながらオスプレイは飛んでいなかった。

海には軍艦が・・・

Img_8874

Img_8865

Img_8871

Img_8883gunnkann

もうすぐ伊勢志摩サミット。日本もやればできるじゃないか!!

2016年5月20日 (金)

ケリのお子ちゃま

この季節、田んぼの近くを通るとケリが大騒ぎするが、そんな時は必ずヒナがいる。

昨日も4羽のヒナが可愛い姿を披露してくれた。

Img_7926

Img_8054

Img_8114

Img_8162

Img_8184

Img_8224

Img_8294

Img_8259

別の畦道では、座り込んでいるケリがいた。

抱卵中だろうと見ていると、運よく巣を離れてくれたので、たまごを確認できた。

Img_7845

Img_8441
※5月29日現在、まだ抱卵中でした。

ヒバリやホオジロも元気にさえずっていた。

Img_8355

Img_8335

2016年5月19日 (木)

シロチドリのヒナ

海にシロチドリのヒナがいると聞いて探しに行った。

1羽だけいたが、なんと干潟の真ん中にいるではないか!

潮が満ちて来たら水没するのに、どうやって来たのだろう。少しは泳げるのだろうか・・・

親も一緒だから大丈夫なのかな。そんな心配をよそに、元気に走り回っていた。

※5月28日、シロチドリのヒナ1羽は無事に育っていることを確認note

Img_7580

Img_7599

Img_7602

Img_7603

その他に出会った鳥は、別個体のシロチドリ、キアシ、オオヨシキリ、カワウ&アオサギなど。

Img_6962

Img_6972

Img_7336

Img_7369_2
キアシの飛びものの中に、ソリハシが1羽混じっていた。

Dsc_0195

Dsc_0196

2016年5月15日 (日)

コアジサシがやってきた

やっとコアジサシが集団で浜に降りてくれた。

Img_6929

Img_6873

Img_6862

Dsc_0035

足環付きの個体が1羽いたdown

Img_6830

Img_6826
アジサシ類の飛翔はいつ見てもカッコいいheart02

Dsc_0056

Dsc_0057

Dsc_0060

Dsc_0061
コアジサシの営巣地がソーラーパネル公害に犯されて、当地では数が激減している気がする。

ソーラーパネルが自然破壊を招くとは何という皮肉なことだろう。人間の浅知恵のせいとは情けない。

ホウロクとダイシャクの違いは飛べばわかると教えてもらったが、なかなか飛んでくれない。これで特徴はわかるのかな。

Img_6848

Img_6849
ミユビとトウネンも並べば大きさが違うが、夏羽ではよく間違える。

Img_6859miyubi

Img_6894
キョウジョはいいところに居てくれた。

Img_6812

Img_6815

2016年5月14日 (土)

やっとトウネン

歯医者の予約が午前11時だったので、満潮の海へ行ってみた。

中潮だったのが幸いして少し陸地があり、トウネンがたくさん集まっていた。

Img_5146

Img_5148

Img_5149

Img_5158

Img_5168

Img_5274

Img_5338tounenn7

Dsc_9622
やっとまとまった数のトウネンを見れてスッキリした。

集団水浴びも披露してくれた。

Img_5364

Img_5409

Img_5454

Img_5461
オオメダイがいないか探しながら丁寧にメダイを見ていたら、標識付きを見つけた。

足環も付いているように見えるが、近づいてまで撮る気力もなくハッキリわからない。

Img_6410

Img_6394

Img_6097

Img_6073
その他、にぎやかに鳴いていたオオヨシキリ、1羽だけ浜に降りてずっと同じ所にいたコアジサシ、羽衣の異なるミユビ、群れで来たハマシギ、ツーショットのチュウシャクとホウロクを載せておく。

Img_5088

Img_5355

Img_6504miyubi

Img_6119_2

Img_5117

Img_5120

2016年5月13日 (金)

居残りガモとウミアイサ

12日、まだスズガモ、キンクロ、オオバン、ホシハジロが残っていましたが、ついにコガモやヒドリガモは見かけませんでした。

Dsc_8905

Dsc_8925

Dsc_8953

Dsc_8919
ウミアイサの♂も1羽残っていました。近くで大サービスです。

Dsc_9216

Dsc_9224

Dsc_9228

Dsc_9404

デジスコでは近すぎましたsmile

Img_4648

Img_4657

Img_4663

Img_4676

2016年5月12日 (木)

オグロシギ

たった1時間くらいでしたが、今日も海を見に行きました。

珍はいないけれど、海はシギチで賑わっていて楽しかったです。

新入りのオグロシギが1羽、チュウシャクの群れと一緒にやってきました。

Img_4864

Img_4818

Img_4861

Img_4859

Dsc_9506

Dsc_9531

Dsc_9510_2

Dsc_9534

1羽だけ異種混合って、結構ありますね。

いつものオオソリもいて、食欲旺盛でした。

Img_4497

Img_4508

Img_4514

Img_4552

ほかには、キョウジョ、キアシ、ミユビ、メダイ、ハマシギ、ホウロクなど・・・

Dsc_9434

Img_5035

Img_4477

Img_4206

Img_5002_2

Dsc_8868

新入りではソリハシとコアジサシがいました。

Img_4426

Img_3964

続きを読む "オグロシギ" »

2016年5月11日 (水)

オオソリだ~!

5月7日、潮も良いので海に行ってみた。

夕方には満潮になってそろそろ帰ろうと思い、未練がましくテトラの上を見ていたら、チュウシャクシギの中になんか雰囲気の違うものが交じっている。

スコープを出して覗いてみると、ん? 寝ているsweat01

Img_2659_2

Img_2714

起きるのを待って写真を撮り確認すると、オオソリだ~!やったぜベイビーnote

Img_2744_2

Img_2751

Img_2782

Img_2858

翌8日も海に行ってみると、そろそろ潮が満ちてくる頃になって、どこからともなくやって来た。

Img_3161

Img_3169

Img_3170

Img_3200

Img_3214

Img_3219

Img_32227

Img_3207
今日は近いぞ!と喜んだのも束の間、近づいたカメラマンに飛ばされてしまったangry

それでも昨日よりはマシだったが、ちょっと浮気してトウネンを探しているうちにいなくなってしまった。

次に出会ったら、またじっくり観察したいものだ。

2016年5月10日 (火)

カイツブリの卵

先日、地元の池でカイツブリが営巣しているのを見つけた。2ヵ所目だ。

1か所目はすでにヒナが誕生しているが、草とフェンスに遮られてとにかく見難いので、

この場所のヒナが産まれるのを楽しみにしている。

Img_3733

Img_3790

ときどき立ち上がって、たまごをひとつづつひっくり返す。たまごは3個あるようだ。

Img_37993_2

Img_3813

Img_3821

Img_3829
今度は反対向きに座って、やれやれ・・・と落ち着く。

Img_3834

Img_3900
こんな小さな池にアオサギやバンやカワウまでいて、大いに賑わっていた。

Dsc_8527

Dsc_8543

Img_3930

Dsc_8535

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ