« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

地元のカモ

海にはカモもたくさんいた。近くで見るととても綺麗だ。

Dsc_1923

Dsc_1934

Dsc_1949

Dsc_1963

Dsc_1958

Dsc_1953
変なオカヨシガモがいた。

コガモのように小さく見えたので、もしかして「コガモ×オカヨシ」かと思ったが、ただの「換羽の変なオカヨシガモ」らしい。

Dsc_2016

Img_4973

Img_4994

Img_4978

2016年2月28日 (日)

地元の大型カモメ

海にはカモメがたくさんいた。しかし、時間もなかったのでとりあえず写真撮影。

やっぱり、一羽一羽じっくり見たいな。

あっちも行きたいこっちも行きたい…と欲張るから、結局いつも中途半端になってしまう(反省)

地元のほとんどセグロカモメ・たまにオオセグロカモメほかdown

Dsc_1685

Dsc_1694

Dsc_1708

Dsc_1712

Dsc_1728

Dsc_1732

Dsc_1738

Dsc_1875

Dsc_1885

Dsc_1909kamome10

続きを読む "地元の大型カモメ" »

2016年2月27日 (土)

ユリカモメ

海にはユリカモメがわんさかいる。

Dsc_1917

Dsc_1902

一部が川にいて、こんな近くで撮れた!

Dsc_1658yuri1

Yuri2

Dsc_1646yuri3

Dsc_1642yuri4

〈おまけ〉

久しぶりのダイサギnote                            海を眺めるアオサギsweat01

Dsc_1868daisagi

Dsc_1706

2016年2月26日 (金)

久々のユキホオジロ

2月24日、久しぶりにユキホオジロに出会えた。

海バックで良い写真が撮れそうだったが、なぜだかうまくピントが合わず焦った。

それでもなんとか写っていた写真を見てください。

デジスコの部down

Img_5142yukiho4

Img_5205

Img_5218

Img_5155

一眼の部down

Dsc_2085yukiho4

Dsc_2036

Dsc_2051

Dsc_2251

Dsc_2260

Dsc_2261

Dsc_2262

Dsc_2266

Dsc_2303

Dsc_2306

Dsc_2307

Dsc_2308

2016年2月25日 (木)

鳥見散歩(2月23日)

この日は珍しく、カメラを持って散歩に出かけた。

断捨離・・・やないけど、双眼鏡一つで出かける方が観察力がつくのは確かに思える。

家に帰って写真の整理もしなくていいし、ハードディスクも要らないのでPCゴミも増えない。

だけど・・・だけど・・・家でその日の収穫とも言える写真を見るのは大いなる楽しみなのだ。

そこをどう折り合いをつけるか、人生の大問題である(大げさ!!)

さて、家を出て右に行くか左に行くか、毎日迷うところであるが、とりあえず左に行ってみた。

いつもの調整池を覗くと、いつものタシギがたくさんいた。

もう一つの池にも、いつものバンやカモがいた。

逆光、フェンス越し、遠い、と三拍子そろっていたが、とりあえず撮影。

Img_3638

Img_3646

Img_3704

Img_3712

Img_3677

Img_3727

Img_3748

Img_3685

また歩いて行くと、ツグミが木に止まっていた。

Img_3764

Img_3775

山の上の池には カルガモがいた。頼んでもいないのに、パタパタまでしてくれた。

Img_3789karugamo

Img_3800

2016年2月24日 (水)

ホオアカ

2月22日、近所にホオアカを探しに行ったにゃんcat

自宅から歩くこと約30分、目的地に近づいたのでまずはツグミとセグロセキレイでカメラ試しcameraにゃんcat

Img_3490tugumi

Img_3498
なかなか小鳥達も賑やかそうなので、期待が膨らむにゃんcat

ところが、ノスリが飛んで来て電柱に鎮座sweat01 小鳥の声もしなくなってしまったにゃんcat

Img_3530

Img_3539
でも諦めずに探しながら、その辺にいる鳥をとりあえず撮ってみたにゃんcat

アッsign01 畦にいるのはもしかしてホオアカ?

Img_3552

Img_3576

Img_3577

Img_3580

ヤッターsign01ヤッターsign03 ホオアカにゃりcat

こんな子もいるからややこしいんだにゃー。。。

Img_3561

Img_3572h

 

その後、手ごろな草の上にぴょこんと鳥が出てきてくれたけど、てっきりホオジロだと思って無視していたにゃんcat

それでも、撮ってくれ!撮ってくれ!と長い間止まっているから、ブログネタに撮ってやったにゃんcat

Img_3585

Img_3587

Img_3590

Img_3593

そしたらホオアカだったんだにゃーcat これがimpact

広い田んぼの真ん中で、双眼鏡でも見分けがつかないほど遠かったけど、やっとホオアカを見ることができて嬉しかったにゃんcat

今までで実績のある草地に今年も来てくれていたのに、すっかり忘れて浮気してたにゃんcat

ごめんにゃあ~。

実は昨日も探しに行ったんだけど、強風と寒さで、それらしきものは飛んでいたけど確認できなかったんだにゃーcat

証拠写真もなんとか撮れて、これで今年の徒歩圏内鳥見は50種になったにゃりcat

これからも頑張るにゃんcat

帰り道、またツグミとハクセキレイがモデルになってくれた。

猫に食べられないように、気を付けろにゃーcat

Img_3605

Img_3628

2016年2月23日 (火)

県民の森

19日と21日は県民の森へ行きました。

第1目的はトラツグミでしたが、2日ともいませんでした。残念!

第2の目的はキクイタダキでした。これはいたようですが、見れませんでした。

しかし、サプライズで見れたのはアオゲラnote なんと、2日とも登場です。

19日の画像よりdown

Dsc_1580

Dsc_1589

Dsc_1612

Dsc_1618
アオゲラにはまだ数回しか出会ったことがないので、嬉しかったです。

そして、あちこちから カッ!カッ! と鳴き声が聞こえます。

本当に怒って、イカルも登場notes そのうち、とても綺麗なさえずりも聞かせてくれました。

Img_4521_2

Img_4520

R氏に案内してもらって、タテジマカミキリも見れました。

Img_0854

Img_09041
カクレミノの木に穴をあけて、越冬するそうです。ちゃんと下側にいるのがすごい!

これが一番の収穫ですねshineありがとうございました。

〈おまけ〉

20日は一日中雨降りだったので、気晴らしに喫茶店へcafe

Img_0190

Img_0195
大盛りデザートを平らげてしまいました。ごちそうさま~delicious

2016年2月22日 (月)

マイアミの海辺~その他②

残りの画像です。

キタオナガクロムクドリモドキとマネシツグミ

Dsc_0498

Dsc_0969_2

カラス(名前不詳)

Dsc_0897

Dsc_0497
リス

Dsc_0993_2

Dsc_0986

Dsc_1001

Dsc_1032risu

ヤシアメリカムシクイ

Dsc_1019

Dsc_1021_2

Dsc_1188_2

Dsc_1206_2

これでお終い。見ていただいてありがとうございました。

2016年2月21日 (日)

マイアミの海辺~その他①

カッショクペリカン~人気者でツーショット撮影もできますよーcamera

Dsc_10542_2

Dsc_1061_2

Dsc_1069_2

Dsc_1072_2

Dsc_1246

Dsc_1251

シロトキ~動物園みたいですねnote

Dsc_1049

Dsc_10524

Dsc_1038

Dsc_1045

シラコバト~日本では少ないのに・・・lovely

Dsc_0912

Dsc_0922

Dsc_0914

Dsc_0915

ヒメコンドルとミサゴ~青空に似合いますsun

Dsc_1231_2

Dsc_1117
オオアオサギ~貫禄ありますねheart

Dsc_1287

Dsc_1291

フタオビチドリ ~前から画像がないのが残念sweat01

Dsc_1342

Dsc_1320

イルカ~目の前に来て大迫力wave

Dsc_1218

Dsc_1221

2016年2月20日 (土)

マイアミの海辺~ミユビシギ

日本で見るのと同じミユビシギです。

異国で見慣れた鳥に出会うと、なんかホッとしますね。

しかし、なんとフレンドリーなことnote 

ノートリ画像です。どうぞdown

Dsc_0583

Dsc_0588

Dsc_0612

Dsc_0615

Dsc_0755

Dsc_0749_4

Dsc_0525

Dsc_0654

Dsc_0777

Dsc_0764_3

2016年2月19日 (金)

マイアミの海辺~アジサシ

めちゃくちゃカッコいいshineアメリカオオアジサシshine

Dsc_04642

Dsc_0698_3

Dsc_0802ajisasi5

Dsc_0743ajisasi6_2

でも、前から見ると愛嬌たっぷり~heart04

Dsc_0705

Dsc_0478

Dsc_0487ajisasi12

Dsc_0481

これは日本の野鳥650に載っていないので、迷って日本に来たことが無いのかな~。

2016年2月18日 (木)

マイアミの海辺~カモメ

ところ変われば品変わる・・・ということで、フロリダ州マイアミのカモメです。

①三重でもおなじみのアメリカセグロカモメ(スミス)~本場ものです。

Dsc_06452

Dsc_0647

②クロワカモメ~銚子に来るようですね。

Dsc_0904

Dsc_0830

Dsc_0835

Dsc_0870

③ワライカモメ~声が聞きたいものです。

Dsc_04320

Dsc_0434

Dsc_0477

Dsc_0622

Dsc_1006

Dsc_1009

Dsc_1094_2

Dsc_1165

④ニシセグロカモメ~heuglini や taimyrensis がこの仲間なのかな?よくわかりませんが・・・

Dsc_0792nisiseguro0_2

Dsc_0798

Dsc_0812

Dsc_0819

Dsc_06895

Dsc_0824

(以上2月6日~12日撮影、すべてノートリです)

ちょうどカモメのシーズンなので、タイムリーなお土産でしたpresent

2016年2月17日 (水)

散歩鳥見(16日17日)

ここ3日間は冬らしい寒さが続いている。

一昨日は寒さがこたえ、帰宅してからも顔がしびれるような気がしたり、熱があるような気がしたり、翌日にはのどが痛くなったりした。

そこで昨日は、前日ほど寒くはなかったが、用心してコースを選び、上着も余分に1枚重ね着した。

おかげで寒さに震えることなくゆっくり鳥見ができ、写真もそこそこ撮れた。

まずは川の土手でビンズイ発見note チーチーと鳴き声がしたのですぐわかった。

Img_3379

Img_3376

Img_3381

Img_3388

次におなじみのカワセミ発見note いつ見ても魅力的な鳥だ。

Img_3392

Img_3406

Img_3423

Img_3435
ハシボソガラスとキセキレイnote こんな急斜面でなにしてるのかな。

Img_3457

Img_3460
ムクドリの群れにも出会うnote 変り者はいないよな~。

Img_3470

Img_3471
ジョウビタキの♂が大サービスnote 銀髪がとてもきれいだ。

Img_3476

Img_3478

Img_3483

Img_3488
ど根性なクマゼミnote まるで弁慶みたいだな。

Img_3367

Img_3372
今日も同じコースを回って、2日間で28種の鳥を確認した。

2016年2月16日 (火)

散歩鳥見(2月15日)

前日の暖かさ(暑さ)とは打って変わり、強風が吹いて大変寒いが、がんばって散歩に出かけた。

山に囲まれたところなら風もマシだろうと思ったが、行き帰りは強風の中を歩かなければならない。

特に帰りは向かい風で、北海道の鵡川を思い出すほどの寒さだった(ちょっと大げさかcoldsweats01

さて、そこまでして出かけた結果は・・・

いつものところにいつものノスリが止まっていた。

いつもは私がもっと奥まで歩いて邪魔をし、飛ばしてしまうので、この日は奥へ行くのを遠慮して、離れたところから写真を撮った。

Img_3214

Img_3235

Img_3296

Img_3315
強風で、高いところに止まっているノスリの羽も時々めくれるほど。

そのうち、近くの梅の花の中から小鳥の声が聞こえてきた。

エナガ、シジュウカラ、メジロを確認。

でも、写真を撮るのは至難なので、適当にシャッターを押して、まぐれ当たりを狙う。

12

Img_3335_2

Img_3357_2

Img_3359_2

畑仕事をしていたおじさんに大根を頂くというハプニングがあったが、何とか無事に帰宅した。

続きを読む "散歩鳥見(2月15日)" »

2016年2月15日 (月)

オシドリ

昨日は、R氏がクロジを見つけたというので案内してくれたが、見れなかった。

鳴き声はしていたらしいが、老化現象なのかよく聞こえない。

粘りが必要だけど、あまりの暑さにギブアップsweat01 2月というのに信じられんsun

かなりの難関だが、また再挑戦しよう。

諦めて近くの池を覗いたら、きれいなオシドリがいたnote

Img_4345

Img_4350

Img_4367_2

Img_4426_2

♂が2羽に♀が1羽、仲良しカップルにお邪魔虫がくっついてる感じだった(笑)

それでも仲間なんだなあ。いつも一緒に居た。

他には、オオバンたくさん、ヨシガモ、オカヨシガモ、マガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カンムリカイツブリ、カイツブリ、イカルチドリなどがいた。

Img_4380

Img_4404yosigamo

自宅周辺では見かけなくなったトビがよく見られた。

Dsc_1371

Dsc_1484

Dsc_1486

Dsc_1492

ノスリも何度も飛んだ。

帰り道、隣町のココイチで昼食restaurant 町内のココイチは最近閉店してしまったので不便になった。

Img_0189

〈お知らせ〉

今日でブログの20000アクセス達成しました。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

Photo

2

2016年2月14日 (日)

青いルリビタキ

いつもは身軽に双眼鏡一つで出かける近場の散歩鳥見。

この日(2月11日)はあまりに天気も良いので、ルリビタキを撮ろうとバカチョンを携えて出かけた。

愛想の良いルリビタキに出会うことはできたが、バカチョンではなかなかピントが合わない。

そうこうしているうちに暴走族がブンブン爆音立てて疾走するわ、散歩の爺さん婆さんが犬を放すわ・・・で、ルリビタキもなかなか出てきてくれない。

でもまあ、証拠写真は撮れたので良しとしよう。

Img_3134

Img_3139ruri2

Img_3159ruri3

Img_3162ruri8

Img_3174ruri4

Img_3177ruri5

Img_3186ruri6

Img_3200ruri7

夕食はこの日も楽ちんnote 魚長のあなご天丼にありついた。ありがたや~(v^ー゜)ヤッタネ!!

Img_1131

あなごの大きさがパワーアップしたように思うけど、いかが?

2016年2月13日 (土)

鳥がワサワサ

2月6日、徒歩圏内だけど、時間に余裕がないので途中まで車rvcarのインチキ鳥見。

歩き始めてまもなく、枯草の中からたくさんの鳥が飛んで、隣の枯草の中へ隠れた。

アオジやウグイスが草の中にちらちら見える。

近くの木に止まっていた小鳥たちも枯草の中に降りた。

今日はなんと鳥影が濃いことかnote 時々散歩するコースだが、こんなに鳥がいることは稀だ。

そのうちエナガのコーラスが聞こえてきたのでそちらを見ると、いきなりタカが飛んだ。

アッ!という間に向うの木に隠れてしまったが、ハイタカだろう。今年はハイタカをよく見かける。

エナガはハゼの実を食べている。

Dsc_0329

Dsc_0356

Dsc_0371

Dsc_0397

ルリビタキまで現れた!

Dsc_9780ruribitaki

Dsc_9803

遠くだけど、ベニマシコがセイタカアワダチソウの実を食べている。

Dsc_9822_2

Dsc_9856benimasiko

Dsc_0303

Dsc_0305

今度はカシラダカか。おや?ミヤマホオジロのメスかもしれない。

Dsc_0167

Dsc_0075

そのうち、きれいなオスも現れたheart04

Dsc_0287

Dsc_0291

空にはノスリも2羽舞っていた。

2016年2月12日 (金)

コジュケイ

2月5日、鳥友さんに教えてもらってコジュケイを見に行きました。

公園に到着してお昼を食べていると、早速コジュケイが鳴いています。

いました!全部で6羽いるようですが、逃げ足が速いので写せたのは1羽だけでした。

Dsc_9713

Dsc_9717

Dsc_9718

Dsc_9725

Dsc_9735

Dsc_9736
しばらく近くで鳴いていましたが、散歩の人が通るので、なかなか出てこず、諦めました。

ミヤマホオジロも探したけど見つからず、いつもの小鳥が遊んでくれました。

Dsc_9699

Dsc_9749

Dsc_9753

Dsc_9764

この日のおやつと夕食は、久しぶりの鞍馬サンド&ふるさと納税でゲットした高級静岡メロンshine

Img_1111

Img_1123

Img_1112

Img_1114

おいしかったですnotes

2016年2月11日 (木)

病院ついでに

2月4日は病院へ行き、待ち時間に周辺の鳥見。

今年お初のタヒバリがいました。

小鳥を追うハイタカも至近距離で見ました。

帰り道、川沿いの葦原にオオジュリンがいないか探したら、いました!

Img_3122

Img_3123

イカルチドリは4羽ほどいて、2羽がしきりにバトルを繰り返していました。

Img_3133

Img_3125

残念ながらデジスコを持ってなかったので、またリベンジしたいです。

2016年2月10日 (水)

また海へ

翌31日、ヨロネンらしきものがいた、というウワサがあったので、また海に行ってみた。

結果、ヨロネンどころかトウネンもいなかった。

でも、久しぶりにシロチドリやハマシギやミユビシギが見れたので、シギチを見た気分になった。

Img_4179

Img_4202

数羽のムナグロもいた。

Dsc_9657

Dsc_9678

Dsc_9684

Dsc_9695
ユリカモメに混じって浮いていたセグロカモメ。

Dsc_9427kamome

Img_4259kamome
何度もダイブしているカモメがいたのでズグロかと思ったが、ただのユリカモメだった。

Dsc_9478yurikamome

Dsc_9481yurikamome2
愛想の良いジョウビタキがいたので、しばらく見とれる。

Dsc_9514

Dsc_9548
さあ帰ろうと歩きながら、車が来たので後ろを振り返ったら、んんんsign02 ハイチュウ?impact

なんと、突然現れたのはハイイロチュウヒの♂ だった。

Dsc_9553

Dsc_9558

Dsc_9561

Dsc_9575

Dsc_95765

Dsc_9586
近くを数回旋回して、北の方へ飛んで行った。

こんなところにハイチュウがいるとは、またまたびっくりぽんwobbly

今年はびっくりの連続です。

たまたまここを飛んでいただけなのか、それとも近くにねぐらがあるのか、とても興味深い。

2016年2月 9日 (火)

ユキホオジロ(1月30日)

身体の事情であまり長居はできないのだが、またちょっとだけユキホオジロを見に行った。

この日はウミガメの浜にいて、木道の良いところに止まっていた。

ギャラリーも数人程度。そっと混ぜてもらって据え膳で撮影開始camera

海バックはすっきりしていい感じnote

Img_4021yuki

Img_4037yuki2

Dsc_9308yuki

Dsc_9297yuki

その後エサをついばむdelicious

Dsc_9321yuki10_2

Dsc_9327yuki11

Img_4112yuki3

Img_4085yuki4

ところが、そのうち異常に鳥に近づき追い回すおっさんが登場し、ユキちゃんは逃げ回るハメに・・・おいおい、それではいい写真は撮れないぞpunch

Dsc_9354yuki12

Dsc_9363yuki13

Img_4129yuki5

Img_4140yuki6

諦めて帰る途中、チュウヒが登場! オマケをもらった気分だ。嬉しい!

Dsc_9372_2

Dsc_9373_2

Dsc_9376_2

Dsc_9411_2

続きを読む "ユキホオジロ(1月30日)" »

2016年2月 8日 (月)

ウミウみっけ!

ユキホオジロが来てくれてせっせと海通いを楽しんだのは良いが、どうも体調に違和感がある。

遊びすぎかなあ~。そう思って、念のため熱を測ってみたのは1月17日夜の事。

おやsign02 37.8℃も熱がある。これはいかん。。。風邪の症状もないし、おかしいなぁ~。

だんだん心配になり病院で検査をすると、甲状腺炎とのこと。

びっくりぽんsign03 思いもよらない病気だ。

治るまでには半年ほどかかると言われ、意気消沈して帰宅した。

そんな折、R氏から河口にウミウがいるとの連絡。

2週間ほどして、もう熱も出なくなったし症状もたいしたことはない。

そうだ!ウミウを探しに行こうnote ・・・ってことで、また海へwave

ウミウみっけ!(1月30日撮影)down

Img_3680umiu7

Img_3749

Img_3765umiu6

Img_3791umiu9

Img_3781umiu4

Img_3787

Img_3833umiu8

Img_3789

最初は寝ていてよくわからなかったが、狙いをつけた幼鳥がビンゴだった。

カワウとの違いは、顔の白い部分が上の方まであり、くちばし付け根の黄色い部分が尖っている。

そう図鑑に書いてあるが、私の見た限りでは、くちばしの色も違うように思う。

比較のカワウ(1月30日撮影)down

Img_3712

Img_3877kawau2
(別個体)

Img_3897kawau3

Img_3915kawau5

2016年2月 7日 (日)

ユキホオジロ(1月17日)

今日は遠方の知り合いがユキちゃんを見に来るというので、またぶらりと海へ行ってみた。

河口には10人くらいのギャラリーがいた。お天気もイマイチのせいか、思ったより人が少ない。

・・・が、堤防の下を見てびっくり!

ギャラリーは堤防の下に並んで、至近距離からユキちゃんを撮影しているではないか!!

しかも、あのユキちゃんが大好きな堤防下のゴミ溜りでは、子供がはしゃぎまわっている!!!

一瞬、『そこはユキホオジロがよく来る場所ですよーーsign03』と叫びそうになった。

ところが、そんな私の心配をよそに、ユキちゃんは堤防の端の方に撒かれたと思われるエサをせっせとついばんでいる。

この1週間でかなり人馴れした様子で、逃げ回ることもなくサービスを繰り広げていた。

Img_3277yuki3

Img_3278yuki4

Img_3338yuki2

Img_3339yuki
そのうちエサをたらふく食べたのか、海岸の石の上でまったり(*´ω`)

このシーンがカメラマンの狙いなのであろう。

Img_3501yuki13

Img_3513yuki12

Img_3590yuki10

Img_3593yuki11
そしてしばらくすると、可愛らしい鳴き声と共にどこかへ飛んで行った。

Dsc_9161yuki

Dsc_9162yuki2

知り合いの鳥友さんとも久しぶりにお会いできて、充実したひと時だった。

思いの外フレンドリーなユキちゃんに感動して 、満足してもらえたようで良かった。

2016年2月 6日 (土)

ユキホオジロ(1月13日)

あり得ない珍客が来てくれたとあっては、何度でも見に行かねばなるまい。

そんな気持ちで今日も海へ出かけた。

今日は最初に発見された河口にいた。

Dsc_7805yuki9

Dsc_7802yuki10

ギャラリーも多かったが、ユキちゃんは人馴れしてきた感じでくつろいでいた。

大好きな堤防下のゴミ溜まりでまったり羽繕いするユキちゃんdown

Dsc_7966

Dsc_7968_2

Dsc_7970_2

Dsc_7995

Dsc_7997yuki2

Dsc_8002yuki3

Dsc_8003yuki

Dsc_8047yuki5

Dsc_8092yuki6

Dsc_8097yuki8
頭搔きは間接、白い綺麗なドレスの下には黒のランジェリーをまとっているようだ。

大きな足だと思えば、ツメナガホオジロ科ということで納得。

エサもついばんでいる。

水際の石積みにとまってくれると絵になる。

Dsc_8299yuki12

Dsc_8291yuki11

Img_3232yuki

Img_3239yuki2

ついでのアメリカコガモ(笑)

Dsc_7862

Dsc_8155

続きを読む "ユキホオジロ(1月13日)" »

2016年2月 5日 (金)

猫が大往生

21歳になる我が家の猫が、年末から具合が悪い。

とうとう大晦日の31日にはご飯を食べなくなってしまった。

1月2日になり、これは点滴をしなければならないと焦ったが、かかりつけの病院は当然の事ながら正月休み。

救急受付しているのはかなり遠方の病院しかないので、とても耐えられそうもない。

そこで、猫が大好きな知り合いの獣医さんに相談してみた。

そして、決心した。

このまま安らかに往生させてやろう。

Img_1072

Img_1073

飼い主の気持ちが落ち着いたのを察したのか、不思議と水が飲めるようになった。

1月5日、足はだいぶん弱ってヨタヨタしているが、自分で水を飲み、自力でトイレも行く。

猫が水を飲みに来ると、隣の水槽にいる亀が大喜びする!

Img_1087

Img_1088

なんとかもう一度、好きなものでも食べてくれたら・・・と願っていたら、好物のかつお節の柔らか煮を食べてくれた。

ガツガツ食べた。ヤッターー!!

嬉しくて何度も買いに行った。しらす入りのスープも飲んだnote

そしてとうとう、お別れの日が来た。

1日寝込んだだけで、安らかに旅立っていった。

1月8日午前0時40分ごろの事だった。

2016年2月 4日 (木)

海は工事ばっかり

~1月9日の鳥見より~

今年は観察範囲を『市内と隣接する町』に広げようと考え、久しぶりに海に行ってみた。

東日本大震災以降、海岸線はどこもかしこも大工事をしている。

そして、空き地にはどこもかしこもソーラーパネル!

コアジサシの営巣地にもソーラーパネルが鎮座していた。

海岸の風景が変わったのは、被災地だけではない。

ほんとに、ひどいもんだ。

それでも来てくれる鳥たちがいるうちは、海を見に行くのだsign03

Dsc_6711

Dsc_6712onaga2

Dsc_6742

Dsc_6761

Dsc_6845

Dsc_6878hajirokaituburi

やっぱり海はいいなあ。

早く工事が終わって、静かな海に戻って欲しい。 

そう思いながら、誰もいない海を眺めるのだった。

Img_1673

Img_1674

Img_1675

Img_1676

翌日に、ここでまさかの大発見があろうとはannoyannoyannoy 

びっくりぽん!だす。

本当に、世の中何が起こるかわからないもんだなぁ~。。。

続きを読む "海は工事ばっかり" »

2016年2月 3日 (水)

アメリカコガモ

そもそも今回の大発見のきっかけになったのは、1月6日にR氏が見つけたアメリカコガモの存在だった。

その日は対岸にいてあまりに遠かったので写真が撮れず、潮目が変わって近くに来た10日に鳥友さんが撮影に行った。

そこで、かの大発見になったわけである。

アメリカコガモとコガモ(1月11日撮影)down

Img_1850

Img_1889

Img_1897

Img_1894

Img_1891_2

Img_1901

実は前日9日に私もアメリカコガモを見に行ったのだが見つけられず、ミサゴの狩りやマガモの美しい姿に見とれて満足していた。

美しいマガモ(1月9日撮影)down

Dsc_67901

Dsc_6804

そんな時、堤防の斜面から道路の方へ、なんかセキレイのような鳥が飛んで行ったのが見えた。でも、鳴き声が違う。

あれ??とは思ったが、白っぽくてぽってりした後ろ姿しか見えなかったし、まさかユキホオジロがいるとは想像もしなかったので、そのままにしてしまった。

まさにこんな感じだった(1月11日撮影)down

Dsc_7761

しかし、その後何度か鳴き声を聞く機会もあり、今から考えれば、あれはユキホオジロだったに違いない。

そうすると、少なくとも9日より前からいたのだろうなあ。

6日はいなかったらしいので、7日か8日に来た可能性が高いと思われる。

いつ、どうしてユキホオジロがこの地に来てくれたのかは知る由もないが、何はともあれ大歓迎である。

さて、早いもので今日は節分、恵方巻の日。夕食はこれでバッチリ!楽ちんnote でした。

Img_1106

Img_1110

続きを読む "アメリカコガモ" »

2016年2月 2日 (火)

ユキホオジロ(1月11日)

思い返せば数年前、輪島にユキホオジロがいると聞き、北海道よりは近いと思って駆けつけました。

ところが、いないsweat01 どれだけ待っても来てくれないweep

それどころか、群れでいると聞いていたベニヒワもいないsad

そのうち、舳倉島からの船が帰ってきました。

下船した鳥屋さんたちに聞くと、あれ!?朝はいたよ・・・との返事。トホホ・・・

そんな憧れの鳥が、なんとマイフィールドに来てくれました。ありがたやありがたや。

Img_2018

Img_1986

Img_2100_2

Img_2105_2

Img_2118_3

Img_2161_2

この日は発見場所の河口ではなく、少し離れたウミガメの浜にいて、エサをついばんでいました。

しかし、大勢のギャラリーに追いかけられてあちこち逃げ回り、落ち着かない様子でかわいそうでした。

Img_2187

Img_2207

Img_2243

Img_2251

2016年2月 1日 (月)

1月のまとめ

もう2月になってしまいました。早いなあ、早すぎますrun

また赤福の朔日餅の日です。今回は、立春大吉餅でした。もう立春かぁ~。

Img_1101_3

慌てて1月の鳥見結果をまとめました。

なんといっても大いなるサプライズは、地元にユキホオジロが来てくれたこと。

発見して下さった鳥友さんに感謝・感謝ですheart01

Dsc_7748

これで「日本の野鳥650」を基準にしたライフリストは339種となりました。

そして、2016年1月の観察種は、全部で67種、徒歩圏内では42種でした。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ