« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月28日 (水)

ツバメの給餌

カワセミとほとんど同じ場所で、ツバメも給餌していた。

カワセミの給餌は頻度は少ないが、いったん出会えばじっくり観察できる。

それに比べてツバメの給餌は、何度もやってくるが、早すぎてなかなか写真が撮れないsweat01

Dsc_6287

Dsc_6328

Dsc_6348

Dsc_6349

Dsc_6350

Dsc_6351

Dsc_6352

Dsc_6361

Dsc_6363

Dsc_6368

Dsc_6385

Dsc_6409

Dsc_6412

Dsc_6414

どこの世界も、親は大変だなぁ~。。。

Dsc_6402

 

2014年5月27日 (火)

カワセミの給餌

近所の川にはカワセミがたくさんいる。

ヒナも順調に育っているようで、カワセミの給餌シーンに出くわした。

親鳥が、大きな魚を咥えて給餌場所にやってくると、ヒナはすかさず親鳥の元へ急行!

Dsc_5976

Dsc_5978

Dsc_5979

Dsc_5988

ヒナはすぐに魚に食らいついて引っ張るが、親鳥は「待ちなさい!!」とばかりに全力で踏ん張って渡さない。

Dsc_5991

Dsc_5992

Dsc_5995

Dsc_5998

Dsc_5999

Dsc_6001

Dsc_6003

Dsc_6008

なんでかな~??と見ていると、折を見てヒナの喉にエイヤッ!!と押し込んだ。

Dsc_6011

Dsc_6012

Dsc_6014

Dsc_6016

そうだったのか~。下手に渡しただけでは、うまく飲み込めないんだな。

身体のわりにはすごく魚が大きいので、こんなの飲み込めるのかな~と心配したけど、四苦八苦しながら何とか呑み込めた。

Dsc_6021

Dsc_6031

Dsc_6045

Dsc_6129

Dsc_6155

Dsc_6171

Dsc_6180

Dsc_6193

こんな所に巣を作っているようだdown

Dsc_5081

2014年5月12日 (月)

スズメっ子

散歩をしていると、あちこちからチュンチュン鳴き声が聞こえてきます。

スズメの子供は、もうかなり飛べますが、まだ親から餌をもらっているようです。

Dsc_3301

Dsc_3344

Dsc_33603

Dsc_33613

Dsc_33673

Dsc_3406

Dsc_3414

Dsc_3416

Dsc_3422

Dsc_3424

やはり兄弟が多い方が、子どもはよく食べ、負けん気が強く、元気に育つようですね。

2014年5月 7日 (水)

モズっ子

昨年と同じ場所で、今年もモズのヒナが賑やかにエサをねだっている。

『くちばしが黄色い』という言い方があるが、昔の人はよく観察したものだなぁ。。。

Dsc_3089

Dsc_3109

Dsc_3115

Dsc_3125

Dsc_3140

Dsc_3144

2014年5月 6日 (火)

GWの鳥見

連休中も、近場で鳥見を楽しんだ。

まずは62種目のコジュケイ。

大きな声であちこちで鳴いているが、姿はなかなか見ることができない。

やっと、茂みの間からチラ見に成功eye
ずっと同じ場所で、大きな声で鳴きまくっていた。

Dsc_2511

Dsc_2506

同じエリアで撮れたウグイスとエナガ。

Dsc_2806

Dsc_2492

63種目のオオヨシキリも見れたが、写真は撮れなかった。

ホオジロもきれいなさえずりを聞かせてくれる。

Dsc_2246

Dsc_2401

田んぼにはチュウサギがたくさんいて、優美な姿で楽しませてくれるが、大きなカエルを丸呑みする顔は、恐ろしくもある。

Dsc_2450

Dsc_2872

カルガモも田んぼの畦でよく見かけるようになった。ツグミもまだ居た。

Dsc_1891

Dsc_2087tugumi

オオルリ・キビタキ・ムシクイなどを見たいが、なかなか見つけられない。

川へも行ってみたが、たいした収穫は無かった。

Dsc_2896

Dsc_2987

2014年5月 4日 (日)

ケリっ子

この季節、田んぼではケリがけたたましく鳴いている。

ヒナに近づくものは、カラスであろうと人間であろうと、容赦なく攻撃する。

ほんとにいつも思うのだが、ケリはshine親の鏡shineだ。

つつかれない程度の距離で、4羽のヒナを観察した。

お父さんは、私を危害を加えない相手と見たか、しばらく警戒音を発した後に飛び去ってしまった。

お母さんは用心深く、ヒナを大声で呼んで羽根の下に隠した。

しかし、やんちゃ盛りのヒナはだんだん窮屈に耐えられなくなったのか、外に出てちょこちょこ動いている。

とってもかわいく、ケリには大迷惑だったろうが、時間を忘れて見入ってしまった。

Img_5847

Img_5872

Img_5910

Img_5927

Img_5932

Img_5960

2014年5月 2日 (金)

ジャコウアゲハが羽化

昨年、知人からジャコウアゲハのさなぎを頂き、20頭以上を羽化させた。

しかし、3頭ほどが羽化不全で、可哀想な事をしてしまったので、もう飼育するのはやめにした。

その中で、羽化しなかったさなぎが一つあった。

春になったら羽化する・・・と師匠のR氏に言われ、飼育箱はそのままにしておいた。

何度か様子を見ていたが、春になっても羽化する様子がないので、かなり忘れ去られていた矢先、飼育箱の中でパタパタしているジャコウアゲハを発見wobbly

万一に備えて、飼育箱の蓋は開けてあったが、まだ外には出ていなかった。

Img_9248

後翅に異常があるようだったが、早々に屋外へ出したら、元気に飛んで行ったので一安心。

後で、ジャコウアゲハが集まっていた河川敷へ放してやればよかったと気が付いたが、時すでに遅しだった。

なんとか自力で仲間のところへ辿り着いて、繁殖に成功して欲しいと願う。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ