« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月28日 (火)

マルガモ

先の日曜日にいた、胸が赤く顔の黒いカルガモは、マルガモというらしい。

マガモ×カルガモだそうだ。へぇ~~notes

カモって、いろいろ雑種がいるんだな~。

Dsc_5143

Dsc_5180

Dsc_5148

Dsc_5171

これupは夕方撮った写真。翌日にはもういなかった。

この冬、近所の川や池で3回ほどマガモを見ている。

Dsc_2240

Dsc_2508

同じ所にカルガモはたくさんいる。

Dsc_2422

2014年1月26日 (日)

すごい風

今日は寒くはないが、吹き飛ばされそうな強風が吹き荒れ、カメラも揺れるほどだ。

それでも散歩に出たら、いつもの池にハシビロガモの雄が来ていた。

Dsc_4819

Dsc_4901

いつもいるのは♀が2羽なので、かなりのサプライズだ。

コガモは、最高23羽確認したが、最近は数が減っている。

カルガモは、胸に赤みがあって顔が黒い、ちょっと変わった子が1羽いた。

Dsc_4968

Dsc_5003

いつものアオサギもいた。

Dsc_4964

他にこの池で見たことがあるのは、ヨシガモ、カイツブリ、カワウ、カワセミ、ジョウビタキなど。

2014年1月25日 (土)

今日は33種!

今日は、ときどき薄日が差す程度の曇り空で、風もなく暖かい1日だった。

鳥見には絶好の日和。近所を散歩しただけで、33種の鳥を見ることができた。

よくいるカイツブリとアオサギが不在で残念だったが、結果には大満足note

コガモ、カルガモ、ハシビロガモ、チョウゲンボウ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、ヒヨドリ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、モズ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイ、ケリ、カワセミ、キジバト、ドバト、タシギ、バン、カワウ、ヒバリ、タヒバリ、カワラヒワ、ツグミ、アオジでした。

写真は在庫より・・・

Dsc_3236kisekirei

Dsc_2400mukudori 

Dsc_3711

Dsc_3642

Dsc_3662

Dsc_3721

2014年1月23日 (木)

小さな池のバン

ひと口に調整池と言っても、かなり大きい池からほんの小さな池まである。

マサカこんな所に・・・と言うくらい小さな近所の池に、バンのつがいがいてビックリ!

Dsc_4144_2

Dsc_4195

同じ池には、コガモ2羽も必ずいるが、これが♂どうしの不思議(笑)

Dsc_4112

ハクセキレイやセグロセキレイもよくいて、なかなか面白い池だ。

2014年1月22日 (水)

小さな猛禽

・・・といえば、この子です。

Dsc_3518

Dsc_2704

Dsc_2459

Dsc_2472

Dsc_2460

あちこちに居て、ハズレがありません。

繁殖からハヤニエまで、いろいろ楽しませてくれます。

できれば変わった子も来て欲しいのですが、宝くじに当たるようなものですかね。

2014年1月21日 (火)

チョウゲンボウ

家の前の山が開発されて、どういう訳か山の上が田んぼになっています。

減反と言っているのに、なんで山を壊して田んぼにしなければならないのか理解に苦しみますが、月日が経つとその風景にも慣れてくるものです。

耕作放棄地?も空地も鳥達にとっては重要なえさ場で、チョウゲンボウが狩りをしているようでした。

Dsc_3181

Dsc_3062

Dsc_3041

2014年1月20日 (月)

セキレイ3種

近所の川や田んぼには、セキレイがよくいます。

ハクセキレイとセグロセキレイは、耕したばかりの田んぼや川の中州で、ほとんど毎日見れます。

鳴き声が違うので、分かりやすいです。

Img_4332

Img_4322

Dsc_3174

Dsc_2673

キセキレイは、運がよくないと出会えませんが、地下水が川に注ぐような環境にいることが多いです。

Dsc_2197kisekirei

Dsc_2224

キセキレイとハクセキレイの鳴き声がやっと区別できるようになり、『あ!キセキレイだ!!』と思った所に本当にキセキレイがいると嬉しくなります。

2014年1月19日 (日)

カワセミの川

散歩コースに川があるのは幸いです。

カワセミが見られる確率は高く、1日に2回3回と見られることもあります。

ほんとに、こんなキレイな鳥が身近にいることを知ったら、魅了されない人はいないでしょう。

出会うたびに、幸せな気分になります。

全く、幸せの青い鳥ですheart02

Dsc_3321kawasemi

Dsc_3326

Img_4162

Img_4239

Dsc_2566

Dsc_2543

2014年1月18日 (土)

38種目はベニマシコ

2014年初めての更新です。

今年の鳥見の目標は、『近場の鳥をじっくり見る』こととしました。

できる限り、毎日1~2時間の散歩がてらの鳥見をして、今日で38種となりました。

38種目はベニマシコ。

毎年来ているところに行ってみたら、やはりいました。

残念写真しか撮れませんでしたが、証拠に貼っておきます。

Img_4496

Img_4487

Img_4484

Img_4481

しかし、この場所はバイパスが通ることになっていて、その予定地なので自然のまま放置されているような環境です。

もし工事が始まれば、たちまち鳥の居場所はなくなります。

遠くから命からがら渡ってきて、やっと着いたと思ったとき、「あれ?我が家がない!!」となったら、鳥達はどうするんでしょうね~。

世代は代わっているかもしれませんが、鳥ってほんと、毎年毎年同じ場所に来るのが不思議です。

東日本大震災などで、我が家を失って悲しい思いをしている方々も多いと思います。

そこでもう一歩踏み込んで、人間ばかりでなく、他の生き物のことにも想像力を働かせたいものです。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ