« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月23日 (火)

小川を散策

ひょっとしてコマドリでも…と期待して、強風の中、小川を散策した。

まずは農道を堂々と歩くキジに出会うが、窓ガラス越しsweat01

車から降りたら、草陰に潜ってしまった。

Img_8069

Img_8075

エナガのヒナ並びも狙っていたが、出会ったのは親ばかり。
しかし、群れではなくペアばかりだったので、繁殖中かもしれない。

コゲラの声もあちこちに響く。

Img_8254

Img_8200

久しぶりの猛禽はトビとノスリに出会ったが、強風で流されていった。

Img_8104

Img_8105

Img_8168

Img_8169

アオジとシロハラも健在。

Img_8158

Img_8273

ホオジロやカシラダカはいたが、さすがにミヤマホオジロは見なかった。

最後にアオサギに出会って終了。

Img_8318

Img_8322

2013年4月21日 (日)

河原散策

ひょっとしてヤツガシラでも・・・と期待を込めて、河原を散策した。

ほとんど日陰がないので、快晴だと暑すぎるが、昨日は雲って寒かった。

もう4月も下旬だというのに、こんなに寒いとは・・・今年最後の寒さかな。

<見られた鳥>

カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、キジ、コチドリ、イカルチドリ、イソシギ、キジバト、カワセミ(2)、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 以上24種類

Img_7966_2

Img_7972

Img_8031hibari_3

Img_8020hibari3

Img_7723

Img_7751

Img_7937

Img_7932

Img_7884

Img_7874

Img_7811

Img_7814

2013年4月17日 (水)

春らんまん

「春らんまん」は、春の花が咲き、光に満ち満ち様子を表す表現として用いられる・・・とネットの辞書に書いてある。

ここのところ、まさしく春らんまんの日が続いている。

桜はほとんど散ってしまったが、まだ花の残っている木もある。

そんな所に鳥が止まってくれると、桜○○○が撮れるので絵になる。

桜ホオジロ、桜シロハラ、桜シメ、桜ヒヨドリ、桜ムクドリ・・・などチャンスはあったが、撮れたのは最難関の桜エナガだった。

Img_6934

Img_6942

Img_6960

Img_6969

Img_6973

Img_6979

尾がカールしていて、かわいいheart01

れんげやしろつめ草も咲いていた。ムクドリもヤマトシジミも絵になる。

Img_6877

Img_6873

Img_6892

Img_6901

Img_7424

Img_7381

誰にも摘まれなかったつくしは、もはやただの草である(笑)。

2013年4月15日 (月)

大・中・青サギ

そろそろチュウサギが到着しているかと思い、田んぼを見に行きました。

田んぼには水が張られ、トラクターが作業をしていました。

チュウサギが2羽、ダイサギが2羽、アオサギが1羽と、賑やかでした。

まずはダイサギ、やっぱり大きいですね。

Img_7343

Img_7336

何を食べているのかな? タウナギ??

Img_7310

Img_7324

やはり首を曲げて飛びます。

Img_7358

Img_7360

次にチュウサギ、エサを見つけたようです。

Img_7051

Img_7067

飾り羽が綺麗な全身と、口元のドアップです。

Img_2691

Img_2649

アオサギはきれいな婚姻色で、足まで真っ赤でした。

Img_2670

Img_2678

そこへダイサギ接近(上右)、ケンカが始まりました。

Img_7214

Img_7266

しかし、ほどなくお互い無視!で一件落着。

Img_7279

Img_7285

2013年4月 9日 (火)

生きること

『生きること』とは、失うことか得ることか・・・喜びか悲しみか・・・

この世に生を受けてから天に召されるまで、人は成長(老化)し続ける。

若者が進路一つを選ぶにしても、何かを選択することは、何かを捨てることになる。
成長するということは、いろいろなものを捨てて成り立つものだ。

日ハムの大谷だって、成功するには、やはりどちらかを捨てることになるんだろうな、と危惧する。

何かを極め理解を深めることは喜びであるが、一方で他の可能性を捨てなければならないことは悲しみである。

生きることは、楽しいことであるが、苦しいことでもある。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

この傷ついたカモメ、かわいそうすぎて目をそらしていたが、アップしておこう。

昨年7月初旬のこと、数日間は生存しているのを確認した。

Img_4176

Img_4241

Img_4218

Img_4253

Dsc_4107

Dsc_4112

この時期に大型カモメがいるとは珍しい…と思って撮影していたが、伸びをした姿を見て大ショックimpact

なぜ、ここまでの大けがを負ったのだろうか?

猛禽にでも襲われたのなら仕方がないが、人間のせいだったら申し訳なさ過ぎる。

保護してやることができたら、生き延びられるだろうに・・・

しかし、これも運命!? 神様のご計画なのか。。。

2013年4月 6日 (土)

桜メジロ

我が家には、桜の木が3本あります。

1本はサクランボがなる木で、一番早く3月上旬に咲きはじめます。
まだまだ花の少ない季節なので、鳥達にも大人気です。
(3月9日と17日の写真も見てくださいcherryblossom

Img_6818

Img_6823

2本目は、ソメイヨシノより若干早い、3月下旬に咲きます。
色の濃い綺麗な花で、メジロのお気に入りのようです。

Dsc_3408

Dsc_3439

Dsc_3440

Dsc_3442

Dsc_3451

Dsc_3482

3本目は、植えた覚えがないのに生えてきました。ヤマザクラかな。花と葉が同時に楽しめます。
同じ狭い場所に、千両万両やいろんな木が生えてきています。鳥のフンに運ばれた思います(笑)

Img_7195

Img_7191

downdownは、ご存知ソメイヨシノのアップです。

Img_7215

2013年4月 5日 (金)

早くも花吹雪

明日と明後日は、せっかくの休日なのにお天気が悪い予報。

今日が最後と、花見cherryblossomを楽しんできました。毎日毎日、チャッピーと歩いた道です。

Img_7206

Img_7229

Img_7224

Img_7232

たぶん昨日が満開だったんですね~。。。今日はもう花吹雪でした。

Img_7134

Img_7173

なんと風情のあることheart01

Img_7131

ちょっと思ったんですが、秋の落ち葉を掃除している人をよく見かけますが、花吹雪を掃除している人は見かけません。

なんでかな~。。。

落ち葉だって、できればそのままにしておいて欲しいんですけど。。。

きっとそのうち、風で飛んでくと思うから。。。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ