« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月27日 (木)

クロハラアジサシ

今回も続きです。

クロハラアジサシは、お腹が黒い個体は分かりやすいですが、アジサシ幼鳥とも間違えやすいし、ハジロクロハラアジサシとも識別しにくい、というのが私の印象でした。

慣れるしかないですが、慣れるほど観察の機会に恵まれないのが難点ですねcoldsweats01

お腹がごま塩に黒い個体 down

Img_5450

Img_5862

Img_6177_2

Img_6124_2

Dsc_6044

Dsc_6046

Dsc_6048

Dsc_6049

お腹が全面黒い個体down

Img_5535

Img_5568

Img_5559

Img_5426

Dsc_5454

Dsc_5692

Dsc_5693

Dsc_5694

Dsc_5697

Dsc_5701

お腹の白い個体は、識別が難しいです。

Img_5608

Img_7262

Img_6590

Img_5460

Dsc_5777

Dsc_5768

Dsc_5778

Dsc_5773

ハジロかクロハラか、いまだに迷う個体down

Img_7204

Img_7194

Img_7190

Img_7169

Img_7186_3

Img_7182

クロハラアジサシは、たぶん5個体以上いました。

そして、ここまで来てやっと、写真での識別がある程度できるようになった気がします(*^ω^*)ノ彡

次にこのような機会があったら、ぜひ現場で識別できるように頑張りたいと思います。

2012年9月26日 (水)

ハジロクロハラアジサシ

前回の続きです。

ハジロクロハラアジサシは、少なくとも2個体見ることができました。

まず、夏羽が残っている個体。一番わかりやすかったです。

Img_6336

Img_6804

Img_7106

Img_7421

Dsc_5794

Dsc_6114

Dsc_5792

Dsc_6112

別個体の幼鳥です。

Img_5669_2

Img_5832

Img_5814

Img_5841

飛び物ですdown 上の個体と同じかと思いましたが、クチバシに赤い部分がないので別個体でしょうか?

Dsc_6064

Dsc_6072

Dsc_6056

Dsc_6057

Dsc_6082

Dsc_6073

もし別個体なら、ハジロクロハラアジサシ3羽確認ですnote

※識別ポイントとして、W氏に以下の点を教えていただきました。

one腰の色はクロハラはグレー味が強いがハジロは白味が強い。

two翼の幅はクロハラは太くハジロは細長いが、微妙な差。

three幼羽の場合、背中の暗色のパターンが違う。

2012年9月24日 (月)

ヌマアジサシの識別

昨日は、晴れたらタカの渡りを見に行く予定でしたが、午前中雨だったので諦めて、アジサシを見に行きました。

思ったよりヌマアジサシがたくさんいて驚きましたが、さて、クロハラアジサシなのかハジロクロハラアジサシなのかよくわかりません。

第一、比較するほどのヌマアジサシを今まで見たことがないので、とにかく写真に撮りました。

Img_5416

左:クロハラアジサシ

右:アジサシ

左はアジサシ幼鳥






Img_5438

左:アジサシ

中央:クロハラアジサシ

右:クロハラアジサシ

中央もアジサシ




Img_5460

左:クロハラアジサシ

右:アジサシ

左はクロハラアジサシで正解scissors
幼鳥から第1回冬羽に換羽中
くちばしが太くて短いのに注目




Img_5511

左:クロハラアジサシ

右:ハジロクロハラアジサシ

右はクロハラで、左はアジサシ幼鳥






Img_5603

ハジロクロハラアジサシ

クロハラアジサシ
嘴と目の後ろの黒パターンに注意








Img_5669

ハジロクロハラアジサシ

大正解scissors 幼鳥です。









Img_6189

ハジロクロハラアジサシ

クロハラアジサシ
嘴と目の後ろの黒パターンに注意








Img_6476H

左:ユリカモメ

右:クロハラアジサシ

右はアジサシ幼鳥







Img_6519

ハジロクロハラアジサシ

クロハラアジサシ
目の後ろのパターンが下がり気味であるがクロハラの範疇
嘴が太い






Img_6584

左:クロハラアジサシ

右:アジサシ






Img_7264

左:アジサシ

右:クロハラアジサシ

目の後ろのパターンは下がり気味でもクロハラの範疇
嘴が太い






Img_5921

ハジロクロハラアジサシ

夏羽の残っている個体
嘴が細い





<識別ポイントと考察>

oneパッと見クロハラアジサシと思った個体は、アジサシ幼鳥が多かった。

twoクロハラアジサシの頭部の黒色のパターンは、目のラインより少し下がるくらいだが、
ハジロクロハラアジサシでは、明らかに目の下にまで及ぶ。

threeクロハラアジサシのくちばしは太くて短い。ハジロは細い。

※識別に関してご指導いただきました地元のW氏に感謝申し上げます。
  また、HP(下記)も大変参考になりました。ありがとうございました。

  http://www.studiokohoku.com/フィールドノート

2012年9月22日 (土)

死んじゃった…

交通事故でどこへも行けない間、そばで私をなぐさめてくれたノコギリクワガタが死にました。

18日朝のことでした。

落ち葉の間にひっくり返って動かなくなっていました。

でも、死んだふりをしていることもあるので、1日そっと様子を見ましたが、
夜になってもそのままで動きませんでした。

お別れですsweat02

Img_6370

できれば標本にしようと思いましたが、なぜかお腹と胸がはずれそうになっていて断念。

やっとお天気も回復したので、明日にでも庭に埋めてやろうと思います。

今はまだそのままカゴに入っているので、同居していた♀のコクワガタが、ときどき様子を見に来ます。

Img_6401

Img_6405

思い返せば、飼育している途中に、ビックリするようなことが起こりました。

カゴに入れてあった木に、突然、粘菌が増殖したんです。

初めは10円玉ほどの、数の子のような塊が木にくっついていたので、コクワガタが卵でも生んだのかと思いました。

それとも、何かが侵入して産卵した??

Img_6361

Img_6357

ところが、数時間後に見たら、ありゃりゃりゃsign03 ものすごい勢いで増えています。

Img_6362

Img_6365

この調子で増えたら、明日の朝には部屋中に充満しているかも・・・sweat01

ウルトラQさながらのスリルを感じながら寝たのですが、翌朝には茶色く変色してしぼんでいましたΣ(゚□゚(゚□゚*)

Img_6373

Img_6376

世の中には、まだまだ未知の生物がいるものですね~wobbly

そして二日後、18日未明に、もう一つの大切な命が終わりを迎えていたことを知りました。

知人の娘さんが、中学生の若さでこの世を去ったそうです。
骨肉腫でした。

今年はちょうどパラリンピックをやっていて、骨肉腫を克服した選手なども活躍していたので、いずれ元気になると信じてたんですけど・・・残念です。

命あるものは、遅かれ早かれ、いつか必ず土に還る。

そのことを良く自覚して、毎日を感謝して過ごさなければいけませんね。

2012年9月17日 (月)

マミジロげっと~♪

ついにマミジロを見ることができました。初見です。バンザ~~イ heart04

都市公園はかなり歩かなければいけないので躊躇していましたが、なんと駐車場のすぐ横だったんです。
ラッキー!!

1時間に1回ほど、ごちそうを食べに出てきます。
大きな口ですね~delicious

Dsc_4652

Dsc_4642

Img_5102

Img_5097

Img_5116

Img_5127

Img_5286

Img_5309

Img_5155

Img_5340

マミジロって、もっと真っ黒でナイキマークのように白い媚班が目立つ鳥かと思っていましたが、
この個体はちょっとブルーがかった綺麗な色で、パンツのレースがなんともステキshine 感動しました。

それにしてもいつも感心するのは、最初に見つけた人。
そして上手にレストランの舞台を作る人(笑)

おかげさまでじっくり見せていただきました。
ありがとうございました。

近くを飛んでいたチョウやハチ。こちらもレストランですねrestaurant

Dsc_5347

Dsc_5388

Dsc_5414

Dsc_5427

2012年9月15日 (土)

ミユビ探し

・・・うふふ・・・ほんとうはスプーン探し・・・いませんcoldsweats01

やっとミユビはいましたが、数が少なかったし、トウネンも混じっていません。

Dsc_4259

Dsc_4266

Dsc_4246

Dsc_4303

スナメリが打ち上げられていました。

Dsc_4311

Dsc_4321

ウミネコも飛んでいました。

シマアジ探しにも挑戦しましたが、またもやコガモばかりsweat01
右の個体は首にシマがあるんですけど ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

Img_4903_2

Img_5007_2

Img_4973_2

Img_5001

オグロは健在。セイタカシギも幼鳥健在、成鳥が10羽に増えていました。

別場所では、ソリハシ十数羽とダイゼン3羽。

Img_4586

Img_4595

Img_4634

Img_4613

前から気になっていたダイゼンのバンザイが撮れましたnote

今日も変なお天気だったけど、こんな面白い虹が見れました。

Img_4638

アーチ状にならずに、ちょこっと切れ端ほどの虹。
そして、紫色の内側に水色が・・・過剰虹というのだそうです。へぇ~!

shineとても綺麗でしたshine

2012年9月 9日 (日)

今日もちょっとだけ(笑)

またまた昨日と同じく朝から大雨rainだったけど、お昼から回復sun

今日もちょっとだけ鳥見に出かけました…と言っても、車で横付けできる所だけ(笑)

田舎はこういう時に便利です。
スーパーも自宅も、ほとんどの所は車で横付けできるもんねscissors

都会は、公園でも駐車場から歩かなければならないし、マンションだったりしたら駐車場から自宅までなかなかたどりつけなかったりsweat01 ご苦労様です(^-^;

オグロシギが7羽いました。お久しぶりで~すnote

Img_3887

Img_39375

子育て中のセイタカシギがかなり気が強く、ときどき大騒ぎでオグロシギを追い払います。
肝っ玉かぁさん(とぉさん?)ですね。

Img_3787

Img_3788_2

Dsc_3652

Dsc_3661

おかげさまでオグロシギの飛翔がとれました(o^-^o)

Dsc_3798

Dsc_3815

Dsc_3817

Dsc_3859

シマアジ探してたら、これかな?????・・・と思うのがいて撮影。
でも、識別に全く自信はない。もしかしてコガモ??

Img_4559

左の2羽はどうもコガモっぽい。
疑わしいけど、コガモが到着したという話も聞かないし、中央の個体は白い媚班も明瞭に見えるし・・・混合かな。。。
その右の個体は、なんだかサルハマシギみたいに胸の色が綺麗shine
やっぱりコガモじゃないよな~。コガモじゃなければシマアジかな~。。。

ブツブツ独り言をいいながら考え、帰宅後写真をよ~く見ると、やっぱりコガモでしたcoldsweats01

湖北のHPにもコガモ到着のニュース。

来たばかりのコガモって、こんな姿に見えるんか~~と、それはそれで大発見でした。

このあとミユビをゆっくり見る計画でしたが、いつもの所にいないsad
ミユビがいなければヘラシギがいるはずもない。
いったいどこへ行っちゃったんでしょう。不思議だな~chickchick

2012年9月 8日 (土)

ちょっとだけ田んぼ

昨夜から急に大雨rainが降りだしたり雷thunderが鳴ったり…と変な天気で、今日も午前中はあきらめムードでお医者さんのハシゴでした。

しか~し、午後から晴れ間ものぞいてきたので、リハビリ後に近場の田んぼを徘徊してきました。

アマサギがたくさんたむろしていたのでカメラを向けたら、逃げられましたsweat01

Dsc_3294

電線にツバメが止まっていました。
ショウドウツバメとただツバメがツーショットで撮れました。

Img_3684tubame

シギチはタシギとコチドリはたくさんいましたが、あとはタカブくらいで、珍しいのは見つかりませんでした。

Img_3547

Img_35001

2012年9月 7日 (金)

暑さ復活

昨日まで曇りがちで梅雨のようだったのに、今日はカラッと晴れて運動会日和・・・と思ったけど、これでは暑すぎるsun

どうせどこへも行けないので、今日も在庫から。。。

じゃ~~~んshine 南の島ではありません(笑)

Img_7640abosetto

Img_7838

Dsc_7108

Dsc_7207

Dsc_7208

Dsc_7280

今も結構にぎわっているようなので行きたいけど、遠くて無理だな~まだsad

普段だったら、午後からでもスイーッ!と行っちゃうのに、悲しいsweat02sweat02

がんばってリハビリして、早く歩けるようになりたいfootfoot

2012年9月 5日 (水)

海風に吹かれに

家から一歩も出ないのもストレスがたまるので、運転手付きで海風に吹かれに行ってきました。

やっと10~20メートルよちよち歩き、浜を眺めます。

近くにキョウジョがいました。嬉しいnote

Img_3361

Img_3358

メダイは遠かったけど、なんとか写りました。

Img_3465

Img_3470

ほかに、チュウシャク、ウミネコ、トウネン、キアシなど。

Dsc_2941_2

Dsc_2989

Dsc_3006

Dsc_3019

Dsc_3197

Dsc_3209

次に、いつもミユビがいる浜に行ってみましたが、海のレジャーで大賑わいで、鳥が休めるスペースがありません。

この状況はいろんな意味で、ちょっと規制をかけてもらわないと危ないぞsign03 と、本気で思いました。

なにはともあれ、久しぶりの鳥見に気分が晴れましたscissors

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ