« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月26日 (木)

ベニアジサシ・・・かな

22日(日曜日)、猛暑が続いたあとの、ありがたい涼しい日になった。

いろいろ用事があるが、こんな鳥見日和にフィールドに出ないわけにはいかない(笑)。

その前に、まずは腹ごしらえ。あなご寿司とあなご天丼でお腹を満たす。

Img_6122

Img_6123

うんま~~い(* ̄ー ̄*)

ところが、お店は超満員で、お昼を食べ終わったら3時になってしまった。

もう時間もないので、近場の海を見に行くことにする。

夏の海にいる鳥と言えば、コアジサシとウミネコ。 案の定たくさんいた。

その中に、アジサシが1羽・・・と思いきや、足が赤い。 ありゃりゃ・・・notes

足が赤いアジサシと言ったら、アカアシか、それともベニかsign02

さっそく図鑑を見る。そして、師匠のR氏にTELして識別ポイントと撮影ポイントを聞く。

遠かったが、デジスコと一眼を併用して、なんとか証拠写真を撮った。

Img_9634

Img_9697beni

Img_9626

Img_9627

Img_9806

Img_9874

Dsc_7390

Dsc_7669

しばらくして南に飛んだので追いかけてみたが、すでに夕暮れ・満潮となり、そのまま見失ってしまった。

そこで、諦めきれずに翌日また出向いてみた。

居合わせたバーダーさんによると、午前中は近くで見られたらしいが、午後には干潟が広がり、はるか遠くに姿を確認するのみに終わった。

その後2日間、残念ながら姿は確認されていない。

※識者の方から「ベニアジサシで問題ない」という見解をいただきましたnote

2012年7月17日 (火)

八東ふる里の森

今年もやっと行くことができましたnote

あちこちのブログでアカショウビンをみかける季節。
できれば近場で見たくていろんな場所を探してみたけれど、出会いがありません。

とうとう本場まで遠征しました。

コノハズク、オオコノハズク、アオバト、サンコウチョウ(声)などもいました。
素晴らしい森ですね。
その陰には、管理人さんの昼夜を問わない努力があるようです。
愛らしい野鳥の姿を見せていただいて、ありがとうございました。

まずは、最大の目的のアカショウビン。

Dsc_5860

Dsc_5861

Dsc_5862

Dsc_5866

Dsc_5876

Dsc_5888

Dsc_5891

Dsc_5892

アカショウビンって、こんな所で子育てするんですね。
百聞は一見にしかず、小さなウロも、とても大切な場所だと分かりました。

大勢のギャラリーに戸惑っている風にも見えましたが、順調にエサ運びをしていたので大丈夫でしょう。

Img_7703_2

Img_7757_2

Img_7809

Img_7871

Img_8136_2

Img_8603_2

しかし、巣に飛び込む瞬間に響くシャッター音はすごいsign03

Dsc_5725

Dsc_5726

Dsc_5727

Dsc_5735

こうやって瞬時に反応し、シャッターを切り、画像を確認して考える・・・
その前に、重い機材を背負って坂道を登り、遠くまで車を運転し、友人と情報交換をし、PCを駆使する・・・

これがたぶんdiamond若さと健康の秘訣diamondなのでしょうね。

アオバトも来てくれましたが、よく動くのでこんなんしか撮れませんでした(^_^;)

Img_8105_2

Img_8109

コノハズクも見ることができました。こちらをメインに来られた方も多かったようです。

Img_8417

Img_8544

夕方から夜の主役はオオコノハズクでした。
初見なので嬉しいlovely

Img_8981

Img_8880

暗くなるとライトアップされます。
カメラの設定がわからなくて、周りの皆さんに助けていただきました。

Img_9117

Img_9297

Img_9523

Img_9547

Img_9424

Img_9467

昼間、巣箱の中にいるのは♀だそうで、夜になると♂がエサを持って来て♀と交代するそうです。

そして今度は、♀が戻って来るのを今か今かと♂が待っています。

夜が更けてくると、たくさんの蛾が飛び回り、コノハズクの声が森に響きます。

また来年も、アカショウビンに会いに訪れたいものです。

2012年7月11日 (水)

絵になる風景

先週のササゴイ詣でを卒業し、今週は、これまたR氏に教えてもらったコオホネの池詣でに明け暮れてます。

昼間は暑すぎるので夕方に行くのですが、当然のことながら、逆光できれいな写真は撮れません。

Dsc_5137

Dsc_5170

今日は曇っていたのでチャンス到来note とお昼前に出かけたら、すぐに雨が降ってきましたsweat02

カイツブリのヒナが4羽、のんびりと遊んでいます。
ゴミだらけの池や、汚い川でもよく見かけるカイツブリですが、こんな綺麗な池で育つカイツブリは幸せそうに見えます。

Img_61883

Img_7333

Img_7519

Img_7585_2

ゴイサギやカルガモもいました。

Img_6830_2

Dsc_4806

コサギもよくいるのですが、警戒心が強くすぐに飛んでしまいます。
それに引き換えアオサギは貫禄で、飛ばずにゆっくりしています。

Img_6360

Img_6306

カメも在来種のようですね(o^-^o)

今日はツバメのお子ちゃまがよく見れました。

Img_7137

Img_7231

親は飛びまわっていてゆっくり見れませんでしたが、トンボやチョウもいっぱいいるので、子育てには不自由しないと思われます。

黄色い花はヒメコウホネだそうで、可憐で綺麗です。

Dsc_5007

Dsc_4703

睡蓮の花は夕方には閉じてしまいますが、今日は午前中だったので、やっと咲いているところを見れました。

Img_7597_3

Dsc_5274

2012年7月10日 (火)

ササゴイ&イカルチドリ

先週は、近くの川にササゴイがいる・・・とR氏に教えてもらって探しに行った。

周辺は交通量が多く工事中でもあり、かなり危険danger

3回ほどぐるぐる回り、やっと車を停められそうなところを見つけた。

ササゴイは3羽以上いるように思う。

婚姻色のササゴイもいたが、逆光で写真は綺麗に撮れなかった。

Img_4534

Img_4581

そわそわし始めたと思ったら、犬の散歩の人に飛ばされて対岸へ。

Img_4592

Img_4587

ほどなく戻ってきた。どうも、お気に入りの場所らしい。

Img_4643

Img_4644

Img_4645

Img_4648

魚を飲み込んだ後は、長い舌をぺろぺろ出したり、喉をごっくんとしたり・・・

Img_4661

Img_4681

じっとしていたら、魚を追ってどんどん近ずいてきた。

Img_5085ttikaku1

Img_5252

Img_5280

Img_5283

ついにデジスコからはみ出して終了happy01

イカルチドリもいた。営巣しているのかどうかはわからない。

Img_5841

Img_5827

Img_5744

Img_5864

後ろにも目があるsign02(笑)

先ほどのササゴイがいなくなったら、すかさず別個体がエサ獲りをしていた。
きっと人気スポットなんだな~fish

Img_6011

Img_6025

2012年7月 1日 (日)

コサギの狩り

今日は珍しく、一日中本降りの雨でしたので、過去画像(6月27日分)から・・・

伊勢湾をうろついているらしいハシブトアジサシを待ちましたが現れず、そろそろ諦める時間になった頃、
夕日が水面に反射してとても綺麗なので眺めていると、コサギとダイサギが目に入りました。

Dsc_3292

Dsc_3299

ダイサギは私が近づくと飛んでしまいましたが、コサギは熱心にエサ獲りをしています。

なかなか活発で、わずかな時間に2匹も魚を獲りました。

1匹目ゲットsign01

Dsc_3415kari1

Dsc_3418kari2

Dsc_3419kari3

Dsc_3423kari4

2匹目ゲットsign03

Dsc_3495

Dsc_3497

Dsc_3501kari5

Dsc_3508

あ~pisces おいしかった~~delicious

最近話題の夜景 shine工場萌え~~shine なるほど綺麗でした。

Img_5849

Img_5857kouzyou

Img_5889_3

Img_5899_2

あとで聞いた話によると、この日は別場所で本命さん4羽登場でフィーバーしていたとのこと。
待っても来なかったはずだな~~。。。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ