« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

コアジサシⅡ

河口に鳥が少なくても、コアジサシが遊んでくれると楽しいnote

エサ渡しをよく見ていると、♂も誰にでもやるという訳ではなく、♀も誰からでももらうという訳でもないようだ。

♀が受け取りに行っても渡さなかったり、♂がプレゼントしようとしても受け取ってもらえなかったり、コアジサシの世界にもいろいろ鳥間関係というものがあるらしい。

男女の好みもあるのかな(笑)

Img_1647

Img_1661

Img_1666

Img_1698

魚を獲るためにはホバリングをするので、私にもなかなかの飛翔写真が撮れたscissors

ノートリdown

Dsc_2772

Dsc_2774

Dsc_2775

Dsc_2776

トリミングありdown

Dsc_2669koaji4

Dsc_2674koaji3

Dsc_2678koaji2

Dsc_2683koaji1

本命を待つこと4時間余りの間、相手をしてくれて本当にありがとうheart04

Img_1668

Img_1675

sign04以上、6月25日の画像よりsign04

2012年6月28日 (木)

ハシブトアジサシ

日曜日に情報のあった場所には、やはりハシブトアジサシがいたようなので、雨にもめげず見に行ってきました。

でも、あまりにも遠いsad

Img_2943

Img_2950

識別は、飛ぶ姿と状況証拠ですが、たぶんハシブトでいいでしょう。

もうちょっと近くで見たかったな~。。。

2012年6月27日 (水)

クロハラアジサシほか

日曜日(24日)は、クロハラアジサシを探しに行きました。

詳細はわからないけど、とにかく行ってみると、数人のカメラマンを見つけたので、そちらへ急行します。

偶然にもお知り合いの方にお会いし、話を聞くと、ハシブトアジサシを探しに来られたとのこと。
エッ!!そんなのがいるの??それはラッキーだな~note

間もなく1羽のアジサシが飛んできたので、「これだーー!!!」と数枚写真を撮り確認してみると、クロハラアジサシのようです。

Dsc_2284

Dsc_2285

Dsc_2283

Dsc_2286

クロハラアジサシを見に来たんだから、それでいいんですけど、、、(笑)

その後は情報が交錯し、遠く伊勢湾の南の方でハシブトが出た??

とりあえずこちらにはいないようなので、前から気になっていたセイタカシギを見に行きました。

アッ!!ヒナがずいぶん大きくなってる~~heart

Dsc_2516

Dsc_2568

Img_1051

Img_1079

親は1羽しか見つからなかったけど、がんばって子育てしてるんだな~。

夕方になりお腹もすいたので、お店が開いているうちに腹ごしらえをしようとお寿司を食べていると、一通のメールが届きました。

「○○にハシブトアジサシいましたよ」って。エーーーーーthundertyphoonthunder 

いまさら場所移動するわけにもいかず、また海へ戻ると、遠くの干潟に、コアジサシに混じってクロハラアジサシが降りていたので証拠写真。

Img_1359

Img_1491

さらにツバメチドリがいると教えてもらい、そちらにも寄りました。

Img_1637

Img_1596

ハシブトアジサシの情報にほんろうされた1日でしたが、今日も楽しく鳥見ができたことに感謝です。

2012年6月15日 (金)

腕力だめし

コシアカツバメの飛び物を狙ってみました。

Dsc_0256

Dsc_0288

Dsc_0295

Dsc_0300

Dsc_0331

Dsc_0398

Dsc_0411

Dsc_0387

Dsc_0276

Dsc_1184

Dsc_1104

Dsc_1110

あきまへんbearing 腕力が足りまへんsweat01

電線に止まってくれると撮りやすいですが、顔の上にカメラを載せているので、鼻がますます低くなりそうで、長時間は無理です。

諦めて場所移動。今度の被写体は動かないので、うまく撮れるかな?

Dsc_1631

じっとしているので、三脚に固定したら少々暗くてもなんとかなるだろう・・・と思ったら、三脚忘れ、こっちも腕力勝負で見事敗退(´;ω;`)ウウ・・・

今日から、ダンベルならぬペットボトル体操でもやるかな~(笑)

2012年6月12日 (火)

アカショウビンを探しに…

アカショウビンが見たいな~。。。声だけでも聞きたいな~。。。と思い、過去に実績のある岐阜県八百津町を訪ねてみた。

初めて行くところなので、まずは杉原千畝記念館を目指す。

杉原千畝の名前と、命のビザを発給した、と言うことは知っていたが、あらためてその経緯を詳しく知り、感動した。

いまやほとんど実感のない同和問題より、こちらの方がよっぽど人権教育に役立つのではないかと思う。

記念館横の東屋のベンチで昼食を食べていたら、サンショウクイの♀がごく近くの桜の木に現われたheart01

♂はたまに見かけるが、♀を見たのは初めて。
カメラが車の中で写真が撮れなかったのが悔やまれるが、その分よく見ることができた。

目的のアカショウビンはこれdown(笑)

Img_5743

記念館の壁や通路には、たくさんの蛾がいた。
名前はまた調べるとして、まずは写真だけ載せておくことにする。

Img_5687

Img_5689

Img_5691

Img_5699

Img_5705

Img_5761

Img_5806

Img_5755

Img_5734

Img_5751

Img_5757

Img_5769

Img_5795_2

Img_5711

Img_5718

Img_5802

Img_5798

Img_5737

Img_5696

Img_5729

Img_5783

Img_5702_2

Img_5765

Img_5728

風光明媚なハイキングコースには、オオルリ、ホトトギス、イカルなどの鳴き声が響き渡る。

Img_5779

Img_5782

少し奥に潮南(しおなみ)地区と言う集落があると聞き、行ってみた。
同じ八百津町なのにかなり離れている。しかも、ものすごい橋を渡る!コワーーヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

Img_5772

Photo

Img_5777

新旅足橋(しんたびそこばし)up 観光名所になっているそうだ。

道の駅で、よもぎ餅と新茶をごちそうになった。ありがとうございましたjapanesetea

東海環状自動車道可児御嵩ICから約20分と、山奥にしては行きやすいところだったので、また行きたいと思う。

おまけ:出かけるときに、家の扉に止まっていた立派な蛾shine

Img_5679

2012年6月 8日 (金)

太陽のほくろ

またまた宇宙のイベント、金星の日面通過を見ることができましたsunnewmoon

日食グラスでは、なかなか見るのは難しかったですが、写真にはなんとか写りました。

Img_3382

Img_3382_2

(2012年6月6日 午前9時43分 左:400ミリノートリ 右:2倍に拡大)

しかし、一生懸命になりすぎて、相手が太陽だということをすっかり忘れて格闘しているうちに、気分が悪くなってしまいました。
これって日食網膜症??

しばらく休んだ後、博物館へ移動し、プロの方に見せていただくことにしました。

Img_5622

Img_5628

Img_5635

Img_5667

(左上:11時39分 右上:11時40分 左下:11時42分 右下13時24分もうすぐ終了)

フィルターの種類によって、太陽が白く見えたり、黄色に見えたり、オレンジだったり、緑だったり、、、望遠鏡の向きによって、上下左右も様々です。

でも一番見やすいのが反射望遠鏡で投影された像でした。

Img_5612

Img_5661

(左:12時7分 右:13時12分 矢印が金星の進む方向)

黒点まで見えて感激しましたnote

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ