« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

鳥羽ー伊良湖航路

久しぶりに船に乗りました。

イルカやウミスズメを期待しましたが、残念ながら見ることができませんでした。

いつもはたくさんいるオオミズナギドリは少なかったですが、ハシボソミズナギドリがそこそこいました。

以下、ハシボソミズナギドリです。

Dsc_7530

Dsc_7542

Dsc_7643

Dsc_7838

Dsc_7944

Dsc_8778_2

Dsc_8791_3

Dsc_9081

Dsc_9012_2

Dsc_9013

Dsc_9017

Dsc_9018

Dsc_9031

Dsc_9050

Img_2675

Img_2678

オマケのオオミズナギドリとクラゲです。

Img_2662

Img_2768

2012年5月29日 (火)

メリケンキアシ

27日(日曜日)は、なかなかチャンスのなかったメリケンキアシに、やっと行くことができました。

日干しになりそうな暑さでしたが、ガマンガマンsun岩の上にいるキアシシギを1羽1羽写真に撮りながら進みます。

Dsc_7981_2

Img_8241_2

かなり歩いても普通のキアシシギばかりで半分諦めかけた頃、偶然お知り合いのバーダーさんとお会いし、「さっきまでここに2羽いたけど、アッチの方に飛んでしまったよ~」と教えていただきました。

いることがわかったので、気を取り直してさらに10分ほど歩くと、岩の上に1羽の黒っぽいキアシシギがいました。

窪みに入っていてお腹まで見えないけど、メリケンさんのようです!!

Img_8301

Img_8322

クチバシの溝が長い?? そんな気もしますが、ちょっと逆光気味でよく見えないな~。

…と考えているうちに、鳴いてくれました♫~♫~♫

鳴き声がキアシと全然違います。これはメリケンに間違いありませんscissors

そのうち、全身見える所に出てきてくれました。お尻までまっくろけ~~♪

Img_8406

Img_8441

Img_8519

Img_8742

Img_8888

Img_8943

しばらく観察させてもらった後、海の向こうのテトラへ飛んでしまったので、撤収となりました。

2羽いるということでしたが、現場では1羽しか見つけられなかったけど、帰って写真を見直したら、それらしきのがもう1羽写っていました。

Img_8256

Img_8273

かなり手前で写した個体だったので、観察力が足りなかったと反省です。

なにはともあれ、昨年振られたメリケンキアシに出会えて嬉しかったですnote

2012年5月24日 (木)

コアジサシ

昨日は、久しぶりに海へ行ってみました。

とくに珍しいのはいませんでしたが、数羽のコアジサシが楽しませてくれました。

その中で、浜にじっとして動かない、たぶん♀(交尾でもしてくれたら確定できるんですが…)を観察しました。

オモシロかったのは、4回振られた♂(たぶん)がいたことです。

1回目 おいしそうな魚を持ってきたのに振り向いてもらえず、自分で食べました。

Img_6996

Img_7006_2

Img_7017

Img_7024

2回目 今回も振り向いてもらえず、魚を持ったまま飛び去ります。

Img_7132

Img_7133

3回目 今回は作戦変更で、すぐ横に降り立ち、前方で魚を見せびらかしますが、無視されます。

Img_7153

Img_7157

4回目 再度近接作戦を試みますが失敗、また自分で食べます。しかし、もうお腹いっぱいでなかなか喉を通りませんsweat01

Img_7221

Img_7223

Img_7229

Img_7262

そして、本命と思われる個体には、反応が違いますheart01

Img_6968

Img_6969

Img_6970

Img_6972

Img_6973

Img_6975

Img_6982

Img_6986

待ってましたとばかりに自分から催促してエサを受け取り、おいしそうに食べました。

でも、本命さんはなかなか来てくれず、2回目はプレゼントがなかったようです。

Img_7184

Img_7186

Img_7187

Img_7189

しょんぼりsad

この個体は標識が付けられているようですが、私のヘボ写真では解読できませんでした。

2012年5月21日 (月)

奇跡のリング

まずは5時起床。外を見ると、東の空に雲はあるものの、ほとんど青空です(v^ー゜)ヤッタネ!!

ところが、日食観察に出かける頃になると、だんだんと雲が厚くなってきて、太陽が見えなくなってきました。

さぁ、大変!! でも、どこへ行けば晴れているのか・・・sweat01

とりあえず、青空が広がっている北西方向に走りました。

幸いにも、通勤の車と反対方向だったので、30分もすると、太陽が雲から外れている位置に到着することができました。

とある駐車場に車を停め、ここなら大丈夫だろうと撮影の準備に取り掛かります。

しか~し、太陽は右方向に、雲は左方向に、思った以上のスピードで進み、あと15分で始まる金環日食まで太陽が出ているかどうか、怪しくなってきました。

そこで、思い切って再度場所移動を決断しました。
(これが、その後の明暗を分ける極めて適切な判断でした)

しばらく走って、ここなら大丈夫だろうというところで、もう一度撮影準備開始。
やっと落ち着いたのは本番2分前。

予定ではカメラを2台使って、1台は動画を撮るつもりでしたが、時間切れでアウト。

とにかく見ようということで、感動の『奇跡のリングring』を、この目でしっかり観察しました。

Img_1985

Img_1998

Img_2041

Img_2074

Img_2140

Img_2193

Img_2259

Img_2301

そして、いよいよ金環日食も終盤にさしかかった頃、急に雲が広がってきて、「アァーーー雲がぁ~~~!!!」と言っている間に、太陽はみるみる雲隠れしてしまいました。その間15秒。

P5211492_3

P5211495_2

偶然にも近くに木があり、木漏れ日も観察できました。とても綺麗でした。

Img_6705komorebi_3

Img_6681komorebi3

Img_6699komorebi2_2

P5211485

穴あきお玉も実験してみましたが、これはあまりうまくいきませんでした(笑)。

ほんとに奇跡の天体ショーでしたsunfullmooncloud

2012年5月19日 (土)

昔の話ですが・・・

風邪をひいて鳥見に行けないので、なにかブログネタはないかと在庫写真を物色していたら、初見のベニバトみっけ!!

2月19日(日曜日)の写真です。
あまり写真映りは良くありませんがsweat01、貴重なモデルさんなので出品します。

Img_3492_2

Img_3510

Img_3797

Img_3799

Img_3800

Img_3804

Img_3833

Img_3401

少しだけサービスもしてくれました。
キジバトよりかなり小さいです。

沖縄でも八重山でも見られなかったベニバトが近場で見られるなんて、ほんとラッキーでしたlovely

でも、ここは猛禽天国。
一回り大きいキジバトさん達をカクレミノにしているとはいえ、ハラハラする場面もありました。

Dsc_7504

Dsc_7507

Dsc_7508

Dsc_7536

オオタカの若様アラワル!!

ほかにもコワイのがウロウロΣ(゚д゚lll)アブナッ !

Dsc_7602tyuuhi

Dsc_7881

実は、この日の主目的はメジロガモHBの撮り直しだったんですけど、1週間遅くて振られ、意気消沈して、ハイチュウ狙いでこの地へ転戦したのでした。

・・・で、第2の目標のハイチュウにも振られました(笑)

ほかに遊んでくれた良い子のみなさんheart01です。

Dsc_7670

Dsc_7681

Dsc_7802

Dsc_7812

2012年5月16日 (水)

夢蛾夢虫

14日(月曜日)、最近、海ばかり行っているので、久しぶりに森へ行ってみました。

すぐにエナガの群れが出迎えてくれましたが、撮れたのはこの子だけ。
エナガは難しいんですよねsad

Dsc_5881

そうこうするうちに、変わった蛾が目につきました。

Dsc_5937_2

落ち葉と似ているので探しづらかったですが、飛んでくれたので見つけることができました。

Dsc_6250

裏側はオレンジ色、顔も赤いです。

Dsc_6088

Dsc_6303

オスグロトモエというのだそうです。
調べてみると、これは春型ですが、夏型は巴型の紋があざやかなのだそうです。
名前からして、♂は黒いんでしょうかね~??

この日はこの蛾に夢中になって、鳥を見ずに帰ってきてしまいましたsweat01

2012年5月15日 (火)

お天気はいいけれど・・・

13日(日曜日)は、昨日までの強風もおさまり、鳥見日和の好天に恵まれましたsun ・・・が、残念ながら他の条件に恵まれずsweat02、近場の田んぼを徘徊するだけに終わりました。

まず1ヵ所目は、本日予定していたメリケン・・・ではなく、普通のキアシが大勢で歓迎してくれました。コアジサシも畔に合計3羽。チュウシャクも数羽いました。

2か所目では川の杭にカワウ・コアジサシたくさん、チュウシャクが1羽、ゴイサギも1羽飛びました。

3か所目には、またまたゴイサギが2羽。

あとはチュウシャク、タカブ、タシギ、トウネン、ケリっ子、コサギ、アオサギなど。

田んぼはやっぱり、なんにもおらんなぁ~。

Dsc_5413

Dsc_5424

Dsc_5478

Dsc_5497

Dsc_5522

Dsc_5538

Dsc_5661

Dsc_5686

Dsc_5723

Dsc_5826

2012年5月11日 (金)

アジサシ乱舞

風が強くて寒かったけど、海へ行ってきました。

飛ばされてしまいそうなほどの強風でしたが、背中から吹き付ける北西風だったので、なんとか鳥見ができました。

コアジサシとアジサシとユリカモメが混群で飛び回っていたので、カワウが怪訝な顔をして様子を眺めていました。

Dsc_4769

Dsc_4853

Dsc_4888

Dsc_5017

Img_5316

Img_5388

混浴もしてました(笑)

Img_5443

Img_5607

珍が混じっていないかと期待しましたが、見つけられませんでした。

Img_5859

Img_5897

ほかには、キョウジョシギ、チュウシャクシギ、キアシシギ、カンムリカイツブリなどがいました。

Img_6076

Img_6224

そのあと別の河口も覗いてみると、ハマシギやトウネンの群れがいました。

Img_6291

Img_6610

ミユビも2羽いました。

Img_6472miyubi

Img_6579

ほかには、メダイ、オオメダイ、キョウジョ、チュウシャク、アオアシ1、キアシ、シロチドリ、コサギ・・・

Img_6260

Img_6465

そういえば、カモを見かけませんでした。

2012年5月 9日 (水)

連休は関東へ

GW後半に、初めての関東へ行ってきました。
新東名が開通したおかげで、とても快適なドライブでした。

いつも渋滞情報が出ている海老名SA付近も首都高も、比較的スムーズに走れましたが、中部の難所である豊田JCTから三ケ日JCTは劇混みで、通過するのに3時間かかるというので、下道を走りました。

ラグーナ蒲郡や海陽学園付近を通りましたが、とっても景色が良く素晴らしい環境でした。

一日がかりで成田へ到着。その後3日間かけて、銚子方面、稲敷・香取方面、印旛沼&東京港を見て回りました。

また、帰りに立ち寄った静岡県でも、サプライズがありました。

one銚子方面(4日)~晴れ時々曇り一時雨

波崎・銚子港は、まだまだカモメがたくさんいました。
ただカモメ、ウミネコ、セグロ、オオセグロ、オオバン、キョウジョ、チュウシャク、キアシ、ウミウ、ヒメウ、アジサシの群れ・・・

Img_2358

Img_2332

ちょっと足を伸ばした漁港付近に、クロガモの群れがいて大感激heart01

Img_2714

Img_2698

Img_2641kurogamo3

Img_2620

Img_2601

Img_2581

Img_2568

Img_2722

ものすごい波に揉まれながらも、潜ったり羽繕いしたり、平気なんですね。

港の中はおだやかで、クロガモ♂1、ヒメウ1、スズガモ、カモメ類がいました。

Img_2737

Img_2753

two稲敷・香取方面(5日)~晴れて暑い

まずは浮島へ行ってみました。

1枚の田んぼにシギチがうじゃうじゃ。
ウズラ、キアシ、キョウジョ、ハマシギ、ムナグロ、タシギ・・・

Img_2992tannbo

Img_3499

葦原ではオオヨシキリやコジュリンが賑やかです。

Img_3013

Img_3056

Img_3082

Img_3106

Img_3346

Img_3374

オオセッカは、「声はすれども姿は見えず」で、場所移動することにしました。

どこへ行こうか迷いましたが、河川敷でオオセッカが賑やかに鳴いていたので待っていると、出てきて飛びました!!

奇跡的に写った飛び物。尾羽が特徴的です。

Dsc_3571

Dsc_3573

何度か飛んだのですが、すぐ葦の中へ潜ってしまうので、満足な写真は撮れませんでした。

Img_3233

Img_3234

Img_3235

Img_3244

付近の田んぼは、13羽のツルシギの群れが豪勢でした。

Dsc_36694

Dsc_3696

あとはチュウシャクがたくさんいたくらいだったので、再度浮島方面へ戻って田んぼを回りましたが、やっと見つけたのはアオアシ・タシギだけで、寂しい限りでした。

three印旛沼&東京港(6日)~晴れ・ものすごい強風

オガワコマドリがまだ居るかも…と期待して出かけましたが、すでに抜けたあとのようでした。
しかも、田んぼには何もいません。
よさそうな田んぼがいっぱいあるのに、なんだか今年は変ですね。

午前中で諦め、午後はまず三番瀬に行ってみました。

ちょうど潮干狩りも終わり、鳥はぼちぼちいたのですが、海からの向かい風が物凄くて、目も開けていられないほどですぐに退散。

それならば…と谷津干潟へ寄ってみると、シギチで大賑わいで、楽しい時間を過ごせました。

オオソリ、ハマシギ、トウネン、ダイゼン、オバシギ、キアシ、セイタカ、コアジサシ、アジサシ・・・大都会のど真ん中で、素晴らしい光景でした。

Img_3635

Img_3659

Img_3739

Img_3755

Img_3776

Img_3773

さらに立ち寄った静岡県富士市では、歩道橋の下でヒメアマツバメが営巣していました。

Dsc_3802

Dsc_3817

Dsc_3823

めっちゃカワイイheart04

富士山も、キレイに見えました。

Img_5199

今回の初めての関東遠征では、珍鳥との出会いはありませんでしたが、目標のオオセッカ・コジュリンが見られたこと、クロガモの群れに会えたことなど、有意義な旅となりました。

2012年5月 1日 (火)

コルリでフィーバー

連休初日の28日、都市公園に行ってきました。

過去に戸隠でチラッと見ただけのコルリが、何度もお立ち台に来てくれました(o^-^o) うれしい♪

Img_2089_2

Img_2116

Img_2117_2

Img_2122

Img_2139

Img_2153

Img_2182

Img_2253

Img_2280

オオルリも乱舞していました。綺麗なキビタキもいました。

Dsc_0968

Dsc_0998

Dsc_2065

Dsc_2098

ムギマキは、あまりサービスはしてくれなかったけど、とにかく見れましたheart01

Dsc_1691

Dsc_1699

ムシクイは、お腹ばかりでなんだか分かりません(;´д`)トホホ…

Dsc_1243

Dsc_1151

ノジコかアオジか!? アオジでした。

Dsc_1396

Dsc_1475

Dsc_1596

Dsc_1597

ノゴマもいたそうですが、サービス悪く見られませんでした。

味をしめて本日、あわよくばコルリの♀を見たいと思い、再度出かけましたが、ハズレでした。

アオバトのサービスは良かったそうですが、5分遅刻で見られずcrying

コアジサシが池にドボンして求愛給餌、初夏を感じさせてくれました。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ