« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月28日 (水)

渡りの季節

いよいよ渡りの季節ですね~。

近場でもヤツガシラが出現しました(v^ー゜)ヤッタネ!!

過去には、南の島でぬれ鼠になったヤツガシラを見ただけなので、今回の出会いは嬉しかったです。

木の上でのんびり羽繕い

Img_8293

Img_8298

眠た~いsleepy

Img_8431

Img_8542

なんだか大勢に見られているようで、おちおち眠れないなぁthink

Img_8559

Img_8562

Img_8598

Img_8609

地面に降りて、さぁエサ獲りしようか。。。

Img_8887

Img_8904

Img_8916

Img_8934

なんだか居心地が悪いぞ! そろそろ旅立とうかなnight

2012年3月22日 (木)

シロカモメに感激 !

18日と19日は、太平洋側の河口へ行ってみました。

18日、目の前に広がった景色は、まさしく北の大地。
氷結した川や湿原は、ところどころ雪や氷が解けて、マガンやオオハクチョウやカモの大群がいます。

Img_5793

Dsc_8400

Dsc_7798magann_3

Dsc_8411

ホオジロ類がいないかと期待しますが、なにしろ強風で歩くのがやっと。
鳴き声も聞こえず、小鳥の気配はありません。

猛禽もいませんね~。

typhoonに背中を押されて(笑)、海の方まで歩いてみました。

すると、な、な、なんとシロカモメが大量にいるじゃあ~りませんかlovely

Dsc_8006

北海道でも、こんなにシロカモメが集まっているのを見るのは初めてです。
うれし~~~いnote

全員が、風に向かって並んでいます。

Img_6062

Img_6079

強風で、スコープを覗いても細かいところまではよく見えないので、とにかく全個体を写真に撮ることにしました。

Img_5828

Img_5905

Img_5956

Img_5965

Img_5986

Img_6033

シロカモメの次にたくさんいたのは、ただカモメ。
セグロカモメ、オオセグロカモメもいます。
ワシカモメらしいのもいますが、はっきりとはわかりません。

カモも大量にいますが、よく見る面々ばかりでした。
オナガガモ、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、、、

Img_6116

Img_6047kamo2

宿に帰って写真を見てみると、やはりワシカモメらしいのが写っていました。

シロカモメの中にも、ちょっと小さく見えるのや、すごく白い個体もいます。
ひょっとしてアイスランドカモメ??

かなり歩いてお腹もすいたので、道の駅で昼食です。
ホッキのフライ定食、ホッキ丼、ホタテのフライ定食、ししゃもなどを食べました。おいしいgood

Img_4566

Img_4571

Img_4573

Img_4576

そのあと、苫小牧港のフェリーターミナルやウトナイ湖に寄って、札幌に戻りました。

19日、日本海側は雪との予報、太平洋側は晴れで午前中は風も弱い予報だったので、再度来てみました。

ところが、予想に反して風はめっぽう強い。
しかも昨日とは風向きが逆で、海の方から強風が吹き付けてきます。
川や湿原は、昨日にも増して氷が厚くなり全面氷結状態、気温も低そうです。

それでも、大馬鹿な私は、ここまで来たからにはもう一度シロカモメを見ていこう、ワシカモメもちゃんと見よう、アイスランドがいるかもしれない・・・などという妄想にとりつかれ、今日も海の方まで歩きます。

シロカモメは・・・いました!でも、今日は全員、お尻をこちらに向けて座っています。

Img_6360

海は大荒れです。

Dsc_9298

Dsc_9332

シロカモメの手前の水溜りにカモが大量にいて、これ以上近づくと飛びそうです。
ちょっと躊躇しましたが、見渡しても珍はいなさそうだし、意を決して前進です。

Dsc_8692_2

Dsc_8697

顔には雪交じりの強風が吹き付け、スコープを覗くのも辛かったのですが、ちょっとした盛り土があってその陰に入ると、ほとんど風も当たらず、ゆっくり観察できました。

シロカモメ

Dsc_9643

Dsc_9657

Dsc_9676

Dsc_9679

ワシカモメ

Dsc_9584

Dsc_9594_2

オオセグロカモメ

Dsc_9664

Dsc_9663

Dsc_9572

Dsc_9571

今日も、できる限りたくさんのカモメを写真にとって、後でよく見る作戦です。

小鳥類はやはり全く気配なし、猛禽もいません。

マガンやオオハクチョウも今日は数が少ないです。

カモを探しに付近の港も廻りたかったのですが、この強風ではどうしようもなさそうなので、そそくさと退散して札幌へ戻りました。

帰り道、味の時計台で食べたサッポロラーメンが、冷えた身体にしみわたりましたnoodle

2012年3月21日 (水)

公園@札幌

17日~20日、北海道へ行ってきました。

札幌の公園へは3回通いましたが、素晴らしい成果がありました。

まず17日、空港から一直線で、下見のつもりで寄りました。

到着すると、駐車場の横にカメラマンが集まっています。

「なにかいるんですか?」「エゾフクロウ!」…てことで、労せずして憧れのエゾフクロウとご対面ですheart02

じゃーーーんbell

Img_5788

Dsc_7406_2

Dsc_7434

積年の夢がかなった瞬間でした。

19日、午後に再訪問しましたら、今日もいてくれました。

Img_6911

昨日は夕方6時5分に飛び立ったとのことで、ぼちぼちギャラリーも集まってきました。

できれば飛び立ちを見たかったのですが、だんだん雪が積もってきて道路がヤバくなってきました。
地元の人と同じようなわけにはいかず、5時半に後ろ髪を引かれながら断念sweat02しました。

公園の一番短いコースを一回りしたら、小鳥たちにもいろいろ出会えました。

エゾアカゲラ

Dsc_0092

Dsc_0106

Dsc_0160_2

エゾコゲラ

Dsc_0209

Dsc_0211

シロハラゴジュウカラ

Dsc_0241

Dsc_0276

キタキバシリ

Dsc_0173

Dsc_0179

そのほか、ツグミ、シジュウカラもいたし、クマゲラ(たぶん)のドラミングも聞こえました。

20日、早朝はいいお天気だ~~sunと喜んだのですが、急に曇って吹雪いてきました。

Img_4743

Img_4741

Img_4749

Img_4754

出かける頃、札幌はかなりの雪snowです。

最終日なので、ちょっとエゾフクロウの顔だけ見ていくつもりで、もう一度公園に寄りました。

Img_6978

Dsc_0585

Dsc_0547

今日も同じ所にいてくれました。

その時、たまたま雪がちょっと小やみになり明るくなってきたので、クマゲラを探しに歩いてみることにしました。

ときどき見かけると言うコースを歩いてみると、オオアカゲラがいました。

Dsc_0621

Dsc_0668

道のわきに食痕がたくさんあるので、クマゲラ来てくれないかな~と思いながら見ていると、コゲラやゴジュウカラ、ハシブトガラ?などがやってきます。

Dsc_0719

Dsc_0727

Dsc_0781

Dsc_0788

Dsc_0750

Dsc_0756

そのうち雪もだんだんひどくなってきたので、諦めて帰ろうか。。。と思っていたところへ、「クマゲラいた!!」の連絡phoneto、大急ぎで向かいますdashdash

あと10秒待ってくれ~~~と言う思いでたどり着くと、いました!見れました!!やりました!!!

Dsc_0827

そこへヤマゲラがやってきました。
これも初見で、今回の目標です。

Dsc_0978

もっとじっくり見たいのはヤマヤマでしたが(笑)、クマゲラvsヤマゲラの構図は、目の前に鮑のステーキと松阪牛のステーキが並んだようなもので、どっちを見たらいいのやら右往左往ですsweat01

しばらくしてヤマゲラが去り、クマゲラに集中です。

突然、私の目の前に飛んで来ました。
もうスコープには入りません。身動きもできません。困った~~notes (ぜいたくな悩み)

Dsc_1786

Dsc_1800

自分で彫ったのでしょうか、大きな穴に顔を突っ込み、虫なのか、なにやら一生懸命食べています。

Dsc_1688

Dsc_1748

すごいいかり肩ですね~、たくましいです。

最後の最後に、クマゲラの大サービスに大満足heart04

余裕で近くのお店でスープカレーを食べて、今回の旅は終了となりました。

Img_4756

大雪の中、最後まで付き合ってくれた長官殿に感謝しますnote
また行くからね~~~o(*^▽^*)o

2012年3月12日 (月)

海まわり

今朝方、もう3月半ばだと言うのに大雪が降りました。
そして、1日中降ったりやんだりの寒い日になりました。

母が、「私の生まれた日は大雪だったsnow」と毎年言いますが、センター試験の頃と私の誕生日の頃は、いつも雪と相場が決まっています。

そこに、昨年からは、東日本大震災という出来事が加わり、忘れたくても忘れられない日になりました。

震災後1年経った今年は、震災がれきの広域処理について、政府やマスコミ各社は、こぞって推進する立場で報道していますが、私は大いなる懸念を持っています。

震災がれきがどの程度放射能に汚染されているのか、それが健康にどれほどの影響があるのかは知りません。(これは、専門家といえども現時点ではわからないと思います。)

ただ、放射能は、広域処理と称して場所を移動しても、絶対なくならないのです。
濃度は希釈されるかもしれませんが、少量ならば安全なのかどうかは誰にもわかりません。

日本全国を(しかも沖縄まで?)、少量といえども汚染の危険にさらすのは、どう考えても賛成できませんねぇ~。

田中康夫さんの意見downdownに賛同します。

http://blogos.com/article/33513/

政治家の皆さんには、「放射能は、たとえ微量であっても拡散させてはならない」という信念を持って、ことに当たっていただくよう願っています。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

さて、この土日は、近場の海を回りました。

目標は、ワシカモメ、シロカモメ、ズグロカモメ、カナダカモメ、ホイグリンカモメ・・・

<10日>

はっきり言うと、あまり成果はありませんでしたsweat02

最後に、かなり純度の高そうなアメリカヒドリを見つけたことが、唯一の成果ですが、遠くて確定には至りませんでした。

Dsc_4634

Dsc_4635

Img_4562

Img_4565

<11日>

この日も、ホイグリンカモメ探しから始めましたが、いわゆるホイグリン系しか見つかりませんでした。

シロカモメとカナダカモメは、交通渋滞に巻き込まれ、惜しいところで見逃しました。

唯一の成果が、頭の黒いズグロカモメに出会えたこと。
ごま塩頭の子もいます。

Dsc_5139

Dsc_5164

Dsc_5167

Dsc_5173

Dsc_5252

Dsc_6104

Dsc_5219

Dsc_5228

5羽くらいいた気もしますが、少なくとも3羽は同時確認できました。

Dsc_5920_2

Dsc_5369_2

カニを獲りました。ユリカモメに追いかけられます。翼の違いが良く分かります。

Dsc_5085_3

Dsc_5088_3

口の中の赤さが目立ちます。

Dsc_5524_2

Dsc_5719_2

着水することは少なく飛びまわっているので、写真はうまく撮れませんでしたが、ズグロカモメはカニ獲り名人ということが良くわかりました。

2012年3月 9日 (金)

今日も雨です。。。

最近、よく降ります。まるで梅雨みたいに・・・rain

そんな時は、どうしても家の中でPCを見ている時間が長くなり、健康に悪いannoy
めまいがしたり、頭が重かったり、肩が凝ったり。。。

血圧を測ってみたら、156-93と高いsad

これではいけないsign03 
PCの電源を切り、できるだけ長めの散歩に出かけることにしましょう。

・・・ってことで、近所で出会った鳥さんです。

<6日>

久しぶりに晴れて、すごく暖かい日になりました。

最初に出会ったのは、お菓子の袋を大事そうにしているカラス。

私が写真を撮ろうとすると、袋を咥えて近くの田んぼへ飛んで行ったのですが、そこでも一生懸命中身を食べようと格闘していました。

Dsc_3452

Dsc_3462

ちゃんと、袋の切り口を知っていて、逆さまにして中身を出したり、切り口からクチバシを突っ込んだりしています。頭いいなぁ~。

ハクセキレイが電線でさえずっていました。空抜けの撮影練習。

Dsc_3493

Dsc_3490

ヒバリが高い所をさえずりながら飛んでいます。

Dsc_3501hibari

Dsc_3531

ヒバリの声はよく聞こえるのですが、かくれんぼが上手なので、なかなか姿は確認できず。
飛んでいるときも天高く飛んでいるので、私の貧弱な視力ではなかなか見つけられません。

ツグミもぼちぼち見かけるようになりましたが、「ツグミいた~~note」と喜ぶようでは、何とも複雑です。

Dsc_3476_4

Dsc_3481

ホオジロもなんとか見つけました。

Dsc_3564hoojiro

Dsc_3573hoojiro2

カモ類は多い気がします。
調整池にも、コガモ、カルガモがたくさんいますが、アメリカコガモはいませんね~。

Dsc_3609

Dsc_3604

<8日>

曇りがちですが、寒くないので散歩日和です。ムクドリの群れがいたので変わり者を探しますが、仲間ハズレはいませんね~。

ハシブトガラスが木切れを咥えて飛んで行った先は・・・お相手の待つ電柱の上でした。
そろそろ恋の季節なんですねheart

Dsc_3617

Dsc_3634

カシラダカやカワラヒワにも出会いました。

Dsc_3871_2

Dsc_3721_2

カワラヒワが田んぼでエサを食べていたので、撮ろうとカメラを調整している間に、電線に移動してしまいました。

あちこちでツグミの声もします。

Dsc_3650

Dsc_3919

池にはコガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロ、キンクロなど。

Dsc_3690

Dsc_3664

Dsc_3685

Dsc_4022_3

畑に愛想のいいヒバリがいて、サービスしてくれました。

Dsc_3976

Dsc_3982

梅も咲きはじめました。

Dsc_4037

2012年3月 5日 (月)

美ら海水族館

25日午後から26日は、本格的な雨になってしまったので、美ら海水族館へ避難しました(笑)

Img_4305

2回目の訪問ですが、前と全然変わってなくて面白かったです。

ジンベイザメはやっぱり大きいですね~。
コバンザメなんかもくっついています。見ていて飽きません。

Img_4271_2

エイやマンタも面白いです。
下から見ると、なんだか笑えてしまいます(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

Img_4261

チンアナゴも面白いですね。
砂に半分潜ったまま、お隣さんにケンカをしかけたりしています。

Img_4227_2

Img_4230

ウミヘビに、今年の干支のタツノオトシゴ

Img_4221

Img_4234

そのほか、きれいに撮れたお魚さんを載せておきますpisces

Img_4210

Img_4220

ここでお土産を山ほど買ってしまい、お財布がピンチになってしまいましたsweat01

2012年3月 4日 (日)

沖縄ぶらぶら@北中部

週末は那覇は超満員で、ホテルも取れません。
国公立の受験と学会が重なったそうです。しかも、野田首相まで来られる??

名護も野球のキャンプで満員でしたが、誰かが直前にキャンセルしたのか運よく宿をゲットできたので、国頭から名護へ宿をハシゴして、なんとか予定を組みました。

しかし、お天道様だけは気分次第、予定通りにはいきません。
見事に雨に降られてしまいましたrain

言うまでもなく森は厳しい状況で、ヤンバルクイナ、ノグチゲラ、アカヒゲを見たかったのですが、辛うじてヤンバルクイナをチラ見しただけで終わりました。

Dsc_1207yannbarukuina1

Dsc_1217

しかし、あちらこちらでヤンバルクイナが大声で鳴き交わしているのを聞くことができて、それはそれで初体験で良かったです。

サシバはサービスが良く、あちこちで見かけました。

Dsc_1202

Dsc_1164

雨が降っていても農耕地なら何とか回れるので、がんばってみました。

リュウキュウヨシゴイ、珍シギチ、珍セキレイ、珍タヒバリ、できればミフウズラなんかも期待しますが、ときどき車の窓も開けられないほどの大雨が降ってくるので、なかなかじっくり観察することはできませんでした。

そんな中でも、セキレイ類はそこそこ見ることができました。

ツメナガセキレイ

Img_2146

Img_2176_2

Dsc_0273

Dsc_1005

Dsc_0927

Dsc_0931

これはもしかしてキガシラセキレイでしょうか?

Dsc_0173

Dsc_0282

Dsc_0168

Dsc_0191

自分では、きっとキガシラだと思うのですが、もしキガシラなら、今頃騒ぎになっているはずですから、やっぱり普通のツメナガセキレイなんでしょうかね~。。。

これはホオジロハクセキレイですね。

Dsc_1053

Dsc_1055

他にもヒバリシギ、ジロネン、タカブ、タシギ、コチドリ、サシバ、チョウゲンボウ、アマサギなどなど。

Img_2413

Img_2433

Img_2529

Img_2300

Dsc_0925

Dsc_0988tasigi

別場所の田んぼの水路には、クサシギがクサるほどいました(笑)

Dsc_1273

Dsc_1287

キジバトやカラスも、リュウキュウ物は別だと聞いているので撮っておきます。

Dsc_0751

Dsc_1179

雨にたたられた北中部でしたが、豪華ホテルに格安で宿泊できたし、おいしいものも食べられて、それなりに楽しく過ごせましたnote

2012年3月 2日 (金)

沖縄ぶらぶら@南部

突然ですが、沖縄をぶらぶらしてきました。

思い立ったのは1週間ほど前ですが、飛行機が満席でキャンセル待ち。

半分諦めていたのですが、やっと前日の午後になって取れたという連絡があり、大慌てで準備をして、なんとか行くことができました。

23日那覇に到着後、すぐに向かったのは空港にほど近い水辺。

うひゃ~happy01鳥がうじゃうじゃいます。
さすが沖縄notes 無理して来た甲斐がありました。

まずは珍鳥アボセット。久しぶりのご対面です。
なんとも不可思議なクチバシですね~。神様のイタヅラか、芸術か(o^-^o)

Img_1976

Img_2001

カモもたくさんいます。
バリケンなんかも登場したので、一応写しておきます。
他にもいろいろ居すぎて、載せきれませんsweat01

Img_0864

Img_0876

Dsc_9469

Dsc_9483

Dsc_9633

Dsc_8728

Img_0857

Img_1729

そのうち、一羽のヘラのあるサギが飛んだので着地点に行ってみると、クロツラヘラサギでした。

Dsc_8235

Dsc_8240

そこにはなんと、アカアシ、キアシ、アオアシ、コアオアシ、セイタカ、コチドリ、ムナグロ、チュウシャク、、、なんでもござれで大興奮。

Img_1412

Img_1426

Dsc_8634

Dsc_8684

Dsc_8623_2

Dsc_8619

Img_1093koaoasi

Img_1146

Img_1132

Img_1541

Img_1048

Img_1033

昼食時間ももったいないので、近くのコンビニでおにぎりを買って食べていると、クロツラが集団飛行して来て目の前に着地しました。ラッキー!!

Dsc_8753

Dsc_8770 

Img_1189

Dsc_9081

Dsc_9064

Dsc_8945

Dsc_9166

Dsc_9116

ウワサに聞いていた標識付きのクロツラもいました。

Img_1257

Img_1292j15

クチバシの裏が黄色い子がいたので見ていたら・・・ヘラサギでした。

Dsc_8842

Dsc_8884

Dsc_9257

Dsc_9262

他の場所も見たかったのですが、ここに釘付けになってお終いでした。

最終日の26日、北部・中部は雨でしたが、南部は雨が上がったと聞いて、また寄ってみました。

います!います!!

今日も、アボセット、クロツラ、アカアシ、エリマキ、タシギ、コガモ、バリケン、、、

Img_2652

Img_2693

Img_3078

Img_3230

Img_3286

Img_3360

♀1羽だけいて気になっていたオナガガモも、元気にしてました。

Img_2577

Img_2598

おかげさまで、飛行機の時間ぎりぎりまで楽しませてもらいました。

もっと長いこと、沖縄にいたかったな~。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ