トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

田んぼめぐり

近場の田んぼにシギチがぼちぼち来ていると聞いて見に行った。

まずはセイタカシギみっけnote

やっぱり背が高いboutique 足が長~~~いshine

なにを食べているのかな?

Img_1153_2

Img_1183_2

アオアシシギも3羽発見!

しかし、いつの間にか、さっきのセイタカシギがこちらの田んぼに移動してきて、1羽のアオアシシギを執拗に追い回している。

Img_6886

Img_6887

Img_6864

Img_6866

何か恨みでもあるんだろうか。。。仲良くしてねε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

ずっと探していたのに見つからなかったタマシギも、やっとこさ今季初見scissors

Img_1250

Img_1279

Img_1379

Img_1380

♀の悩殺ポーズにその後を期待したが、何事も起こらず。。。もしかして草食系男子??(^_^;)

Img_1398_2

最後に予期せずして大発見lovely 

その時の私と同行者R氏の会話

私:「ツバチでもおらんかな~」
R:「おった!」

あまりのタイミングの良さに、
ビックリするやら可笑しいやら・・・

チョウゲンボウが来て一時飛び去ったが、その時もR氏の予言通り、また同じ所に戻ってきた。

Img_1418

Img_1449

よくぞ見つけてくれましたheart01
おかげさまで、今日も楽しい鳥見ができました。

<観察種>
セイタカシギ、ケリ、コチドリ、タマシギ、キアシシギ、アオアシシギ、ツバメチドリ、スズメ、チョウゲンボウ、ムクドリ、イソシギ、ツバメ、カルガモ・・・など

2011年7月30日 (土)

ほのぼの家族

ベビーラッシュですね~自然界はchick

今日も可愛いヒナを連れたカンムリカイツブリの家族を観察しました。

Img_1096_2

Img_1104

ヒナは1羽だけで、お母さんの背中にのって、わがまま三昧に見えました(笑)

お父さんが頻繁にエサを運んできますが、なかなか食べないんです。
競争相手(兄弟)がいたら、もっと積極的に食べるんでしょうか?
一人っ子は鳥界でもおんなじですね、ぜいたく者ですfish

Img_0984

Img_0879

ヒナに食べてもらえないと、お父さんが食べます。
お母さんにはあげません。
・・・で、見ている間、お母さんは一度もご飯を食べませんでした。
いつ食べるのかな、心配になりました。

ヒナがお母さんの背中からするりと降りて自力で泳ぎ始めました。

Img_0812

Img_0831

足は大きいですね!

その間にお母さんは羽繕いです。
でも、すぐにまた乗っかります。

近すぎて写真はうまく撮れませんでしたが、おでこにハートマークを付けて愛嬌たっぷりのヒナは、
とっても可愛かったです。

2011年7月29日 (金)

久々のレンカク

あれは何年前~♪奈良にレンカク夏羽が出て見に行った。

ものすごい暑い日だったが、ギャラリーの熱気もまた凄まじかった。

珍鳥情報があれば、できる限りは見たいのが人情だが、今までで一番人数が多かったのはこの時だ。

私の隣で撮影していた方は、新幹線とタクシーをフル活用で東京から来た、と言っておられたなぁ~。

そんな思い出のあるレンカク夏羽がまた比較的近場に来てくれた。
ありがたい。
やっと昨日、その姿を拝むことができた。

Img_0405

Img_0423_2

ときどき身軽に蓮の上にのるが、あとは歩いているのか泳いでいるのか??たぶん歩いているんだろうな~。

Img_0334

Img_0335

でっかい足!!

Img_0404

Img_0402_2

後ろ姿。蓮にのるときに、一度だけ羽を開いた。

Img_0205

Img_0454

なにを食べているんだろう?黒くて小さく丸いものは、菱の実だろうか??

ここはカンムリカイツブリの繁殖地ということを初めて知った。
ディスプレイするカップル、巣作り中のカップル、単独でのんびりくつろぐ・・・など、見ていて飽きなかった。

Img_0113

Img_0098

ゴイサギもたくさんいた。

チョウトンボ、コフキトンボ、ウチワヤンマもいた。

蓮が群生して、まわりは菱に覆われているような環境だ。

<観察種>
レンカク夏羽、カンムリカイツブリ、ゴイサギ&ホシゴイ、アオサギ、ミサゴ、カルガモ、カイツブリ、オオタカ、カワウ・・・など

2011年7月27日 (水)

時流に乗って

23日、念願のコノハズクを見に行った。

到着が午後4時ごろになってしまったが、見るだけなら大丈夫だろうと突撃rvcardash

遠かったが、道中車も少なく、思ったよりは楽チンなドライブだった。

現地は管理が行き届いていて自由に撮影はできなかったが、それでも3個体の証拠写真が撮れて満足。

夕方にはヒナもちらりと顔を出してくれて、可愛い姿を拝むことができた。

アオバズクの母さんは、ヒナが孵ると外に出て見張りをするが、
コノハズクの母さんは、ずっと巣の中にいるようだ。

Img_9299

Img_9132

Img_9206_2

Img_9963

谷にはアカショウビンの声が響き、川には蛍が飛び交い、素晴らしい環境だった。

夜7時を過ぎて、♂は気がつかないうちに飛び立ってしまった。

間もなく♀も活動開始、ヒナへの給餌が盛んになる。

昼間ほとんど動かずまったりしている姿からは、想像できないほど素早い動きだ。

森の奥から仏・法・僧とおぼしき鳴き声が聞こえてきたが、僧の部分はほとんど聞き取れなかった。

※7月26日朝、1羽のヒナが巣立ちしたと連絡をもらった。

2011年7月21日 (木)

あっぱれ!母さん

アオバズクが子育てをしている神社がある。

毎年なんやかんやとハプニングはあるが、今年は絶体絶命のピンチに見舞われた。
♂が死んだのだ。

6月24日までは確認されているので、死んだのは25日と思われる。
(私も26日に見に行ったが、見つからなかった)

もうダメだと思っていたところ、ヒナがいると風のうわさに聞いたので見に行った。

地元の人にお聞きしたところ、ヒナは3羽孵化したが、7月2日の神社のお祭りの日に1羽が落ちて死んだ。

その後2羽は順調に育っていたが、昨日1羽が落ちて地面に佇んでいたらしい。
地元の方が撮られた写真を見せていただいた。

まだ木に止まったりする脚力はなかったので、猫に襲われにくいところへ移動して様子を見守っていたが、
今日はもう見つからないとのこと。

台風で落っこちたのだろうか。。。せっかくシングルでここまで育てたのに残念なことだ。

しかし、残る1羽は今日も元気だったgood

母さんは疲れているのか、かなり眠そうだった。

でも、がんばったなぁ~。あっぱれだ!!

Img_8354

Img_8529

※7月23日朝には巣立ちが確認された。

2011年7月20日 (水)

台風後の海

昨日は、台風はまだまだ遠いと思っていたのに暴風雨が吹き荒れ、このまま近づいてきたらどうなることかと心配した。

しかし、今朝起きてみると外は静かで、予報で最も接近という頃にはほとんど風も止んでいた。

午後には雨も上がって薄日も差してきたので、なにかお土産がないか・・・といざ海へwave

でも、海は先客のサーファーの皆さんで大賑わい。
これでは鳥は無理だな~。。。

河口はあきらめて上流方向に目をやると、キアシシギがたくさんいる!
(全部で6羽でした)

Img_8158kiasisigi2

Img_8166

この際だから普通のサギも撮ってやろうかとカメラを向けていると、ゴイサギ2羽が舞い降りてきた。
ワ~~イheart01  (奥の個体は飾り羽がありません)

Img_8194goisagi2

Img_8243

せっかくだから、コサギとアオサギも載せよう。

Img_8146

Img_8300

期待したお土産は見つからなかったけど、楽しい海辺でした。

2011年7月19日 (火)

ブッポウソウ

17日~18日、念願のブッポウソウを見に行った。

Img_7965_2

Img_7772_3

Img_7906_2

Img_4201_3

Img_4080

Img_4111

Img_7995

Img_8011

Img_8044

Img_8045

4羽のヒナは巣立ち間近で楽しい鳥見になったnote

親が運ぶ餌は、ほとんどセミ(アブラゼミ、ヒグラシ)のようだ。

Img_7825

Img_8119

Img_4278_8 18日午後12時半ごろ、1羽のヒナが巣立ちした。

一度屋上に落っこちてハラハラしたが、なんとか親のいる所に止まり、ご褒美のセミをもらう。

巣立ち後はお寺の木に止まり、じっとして、親からエサをもらっていた。

カラスが来ると両親がすかさず飛んできて、ゲッ!ゲッ!ゲゲゲゲ!!!と大声で威嚇していた。

ヒナの巣立ちを促すためか、親鳥は餌を運んでも与えずに飛び去ったり、いろいろと工夫しているようだった。

Img_3989

Img_3992

Img_4251

Img_4252

次々に巣立ちするかと思って待ったが、まったくその気配がない。

ついに電池もなくなり、辛抱強く頑張る親鳥の姿に敬意を抱きつつ、4時に諦めて帰宅の途に就いた。

役場のHPによると、19日にはすべてのヒナがめでたく巣立ちしたようだ。

ブッポウソウのお父さん、お母さん、お疲れ様(*^ー゚)bグッジョブ!!

役場の職員さん、お寺の和尚さん、村民の皆さん、貴重な鳥を見せていただいて本当にありがとうございました。

2011年7月14日 (木)

とっておきの1枚

鳥中心のブログにしようと始めたのに、いまだに鳥ネタにありつけずcoldsweats01

そこで、まずはとっておきの1枚を載せようと、過去写真をゴソゴソ。

ピンボケでも、大切な大切なゴシキヒワの奇跡的ワンカットを引っ張り出す。

Img_2278_2

Img_2283

2009年4月28日 マントン@フランスにて

また行きたいけど、もうチャンスはないだろうな~。。。

この日は半日ほどの自由時間があったのでマントンへ行ってみたものの、ジャン・コクトー美術館は定休日だった。そこで、せめて結婚の間を見ようと市庁舎へ行き、ドアを開けようとしたまさにその時、カチャ!と音がしてドアの鍵が閉まってしまったアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 

ガイドブックを読んでみると、お昼休みのようだweep

途方に暮れてブラブラしていたとき、この奇跡の瞬間が訪れた(v^ー゜)ヤッター!!

「神様は全ての事を働かせて益としてくださいます」という御言葉が身にしみた瞬間だった。 

2011年7月13日 (水)

昨夜のお客さん

昨夜遊びに来てくれたのは、シオカラトンボの♀。

羽化したばかりか、とてもきれいな個体。

天井にぶら下がったり、柱に止まったり、どっちにしても高いところばかりなので、撮るのに苦労した。

Img_8706_3

Img_8721

正面顔も撮ろうとがんばったが、これで精一杯。

撮影後はすぐ外へ逃がしたのに、今朝もまだ雨戸に止まっていて再会を果たす(笑)

しばらくして元気に飛んで行った。頑張って生きてね~~good

2011年7月11日 (月)

初めてのブログ

ブログを始めたいな~と思ってからどれだけの時間が経ったことか。。。マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

わからないことばかりだけど、とにかくやってみようscissors

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

雨戸を開けたら、スリットにニイニイゼミが引っかかっていた。

写真を撮って庭に放したら、元気に飛んで行った(TωT)ノ~~~ バイバイ

Img_8686_6

Img_8650_7

               正面顔で~すlovely

            鳴かなかったので、♀かな。。。

トップページ | 2011年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ