2017年6月15日 (木)

あれこれ撮影@散歩

<5月31日>セグロセキレイ幼鳥

Dscn6688_2

Dscn6696

Dscn6703

Dscn6706

道路でエサ探しをしていたので、たくさん撮らせてくれました。カワイイheart02

<6月6日>ゴイサギ

Dscn6762

Dscn6785
田んぼの中から、何者かが時々首を出す! よく見るとゴイサギでした。

こんなところに潜んでいるのか~~そりゃ見つからないはずだなぁ。

<6月8日>アザミとモンキチョウ

Dscn6843kityou

Dscn6869kityou2

Dscn6861


Dscn6851

畦のアザミにモンキチョウがやってきて場所取り合戦をしていました。

<6月11日>

こんな所にイトトンボが・・・オオアオイトトンボか?

Dscn6895itotonnbo2

Dscn6899
今年はアマサギが近所にいてくれて散歩の楽しみがプラスαです。

Dscn6925

Dscn6929

カルガモの親子が見たいと探していますが、出会うのは親ばかりsweat01

Dscn6918

Dscn6913

<6月15日>タヌキと花

いつもの調整池を覗くと、なんとタヌキがいたsign03 

Dscn7058

Dscn7079

近場にはタヌキもキツネもイタチもいて、ときどき見かける。平和だhappy01

川べりにポツリときれいな花が咲いていたので撮ってみた。

Dscn7107

Dscn7097

ヒバリの巣は今日も安泰のようで一安心。

2017年6月14日 (水)

ヒバリの巣発見!

どこにでも、あちこちで、営巣していそうなヒバリだが、今まで巣を見つけることが出来なかった。

その巣をやっと見つけることができた。

昨日いつものように散歩をして、ヒナ連れのカルガモがいないかと田んぼを見ていたところ、土手にヒバリが出入りしている。

もしかしたら巣でもあるのかと近づいて探していると、またヒバリが近くへ飛んできたが、しばらくホバリングして遠のいて行った。

これは邪魔しているのかもしれないと思い、ほんの1メートルくらい場所移動したら、またやってきて土手の草の間に入っていった。

そんな様子を何度か観察しているうちに、枯草の塊のようなところの穴に入っていくとわかり、適当に写真を撮った。

拡大してみると、これって鳥の尾羽だよなぁ~。。。

Dscn7014

そのうちちょっとモゾモゾして、鳥とわかるほどに姿を見せてくれた。

Dscn7020

次は長靴を履いて行って、もっと良い角度で観察したい。

他には、カワラヒワやツバメの幼鳥も撮れた。

Dscn7000

Dscn6970

いつもの池には、大きなカエルが定位置に鎮座していた。

Dscn6951

2017年6月13日 (火)

コシアカツバメ営巣

アオバズクの後、イオンモールで食事をしてから、カルガモ親子でもいないかと田んぼを見ていたら、コシアカツバメが飛んでいる!!

それも、結構ゆっくり飛んでいるので幼鳥かもしれない・・・と思いながら観察していると、いっぱい巣があるのを発見した。

はじめは今も使われているのかどうか分からなかったが、そのうち1羽のツバメが巣に飛び込んだ。

しばらくすると次から次へと飛び込み、頭上にはコシアカツバメがわんさか飛び回っている。

ありゃ~~~こんなにたくさんheart02 大いに興奮して、夢中で写真を撮った。

Dsc_0639

Dsc_0662

Dsc_0663

Dsc_0664kosiaka4

Dsc_0952

Dsc_0692

Dsc_0704

Dsc_0729

Dsc_0868

Dsc_0895

アオバズクとコシアカツバメと一石二鳥でお得な一日だったhappy01

2017年6月12日 (月)

アオバ葉隠の術

超久しぶりに神社のアオバズクを見に行った。

前に行ったのは交通事故に遭う直前の2012年7月末なので、いろいろと感慨深い。

今ではすぐ近くまで高速道路で行けるようになり、大きなショッピングセンターもできて便利になった。

目的のアオバズクは見つけやすいところに居てくれたnote・・・が、葉隠の術で顔が見えないsweat01

あちこち場所を移動してみるが、どうにもならず、風が吹いてくれるのを待つことにした。

Img_5639

Img_5806

Img_5906

Img_6082

Img_6433

Img_6462

Dsc_0613

Dsc_0593

Dsc_0569

Dsc_0558

今日は強風が吹いているのが幸いして、それでも何とか顔を見ることができた。

2017年6月11日 (日)

コアジサシの団地

数年前まで近くの河口でもたくさん営巣していたコアジサシが、近年とんと見られなくなってしまった。

集団で営巣していた空き地はほとんどがソーラーパネルに占領されてしまい、河口の砂浜も工事でメチャメチャ。

人間界だったら損害賠償もんだけど、鳥は文句も言わずに静かに消えていく。あぁぁぁ~~~sweat01

しかし、なんとか営巣できる場所を見つけてくれて有り難い。

かなり混雑しているが、ちゃんと自分の卵を見分けられるようで、時々飛んでも必ず元の場所に戻ってくる。

Img_5059

Img_5565

Img_4938

Img_5578tamago

ヒナも2~3羽ほど確認できた。

親は一生懸命に魚を食べさせようとするが、何度も落としてしまってうまくいかない。

Img_4589

Img_4590

Img_4591

Img_4599esa5

Img_4605

Img_4621esa13
まだエサ渡しをしているカップルもいた。

Img_5258

Img_5172

標識付きの個体も複数確認できたが、記号を読み取るのは難しい。

Dsc_0023

Dsc_0077

Dsc_0091

Dsc_0106

2017年6月 3日 (土)

野鳥の森

県民の森の一番上の展望台のさらに奥まで、初めて行ってみました。

展望台まで行くだけでも大概しんどく、車で行かせてくれないものかなぁ~といつも思ってしまいます。

見晴らしはサイコーなんですけどね。名古屋のツインタワーまで見えます。

Img_1232_2

Dsc_9401
アゲハチョウもいました。モンキアゲハですね。

Dsc_9390

Dsc_9399

そして展望台を過ぎても上り坂が続き、もうどこでギブアップしようかとそればかり考えていましたが、やっとの思いで一番奥まで辿り着きました。

shine記念の1枚shine

Photo

すぐ近くでホトトギスが鳴いているし、サンコウチョウの声も聞こえたような気がするし、ベンチや東屋もあって人もいないし、1日中のんびりするにはいいところですね。

でも、もう2度目はないかもしれませんsweat01

Dsc_9408

Dsc_9411

Dsc_9413

Dsc_9420

Dsc_9432

Dsc_9454
苦労の割には、特別な収穫はありませんでしたsweat02

2017年5月30日 (火)

今日の海

シギチのシーズンは過ぎ去って、海は静かでした。

コアジサシがいないかと期待しましたが、上空を3羽飛んだだけで終わりsweat02

Dsc_9312

Dsc_9317

田んぼにはユリカモメが3羽いました。

Dsc_9344

Dsc_9347

砂浜のシロチドリは幼鳥かな?

Dsc_9364

Dsc_9379sirotidori

沖のテトラにオオソリハシシギが1羽だけいました。

Img_4315

Img_4340

2017年5月28日 (日)

オオスカシバ羽化

<5月27日>

なんとsign03 

もう諦めていたオオスカシバが羽化しましたannoy

念願のshine鱗粉付きの翅shineを見ることができて、とっても感動しましたshine

Img_1218

Dscn6669

昨年秋に2匹の幼虫を収容し、まもなく蛹になりました。

しばらくして1匹は羽化しましたが、気が付いた時にはすでに飛びまわっていて、鱗粉は残っていませんでした。

もう1匹は土を入れるのが間に合わず、エサをさしてあった生花用のスポンジをかじって蛹になったので、大丈夫かなぁ~と心配していました。

年を越して春になっても羽化する様子がないので、もうダメだと思っていました。

そのうち、飼育箱を猫がひっくり返し、もうゴミに捨てる寸前でした。

羽化してくれた時は、本当に嬉しかったですheart04

羽化直後は翅も小さくて、ちゃんと伸びるのか大変心配でしたが、無事に飛んで行ってくれました。

Img_7903

Img_7916

夕方から、ナマズのエサの魚とりがてら散歩をしました。

ホトトギスも鳴いていましたが、姿は見えませんでした。

コチドリがいました。

Dsc_8985

Dsc_8998

セグロセキレイが餌運びをしていました。アオサギもいました。

Dsc_9003

Dsc_9054
<5月28日>

昨日声が聞こえたので、再度ホトトギスを探しに行きました。

今日も声は聞こえましたが、やっぱり姿は見えませんでした。

近くをコシアカツバメが飛びまわってくれました。

Dsc_9100

Dsc_9125

Dsc_9234

Dsc_9245

2017年5月24日 (水)

子育て真っ最中

<20日:ツバメの巣@内山温泉>

Dscn6604

Dscn6603

<23日:ムクドリの巣@町内>

Dscn6631

Dscn6633

Dscn6635

Dscn6616

今までムクドリの巣といえば、民家の軒下の隙間やエアコンの配管の穴などでよく見たが、今年はもっぱら電線カバーの中で、あっちでもこっちでもエサを運ぶ様子が見られる。

ちなみに、スズメも同様の空間を利用しているのを見かけた。

<24日:カラスの巣@桜並木>

Dscn6639_2

Dscn6649

Dscn6656

Dscn6663
単身でのんびりしていたアオサギfree

Dscn6607

2017年5月23日 (火)

近場のタマシギ♀

近くの田んぼでタマシギを見た・・・と教えてもらってから1週間以上が経ったけれど、ダメもとで覗きに行ってみました。

その時はペアでいたらしいけど、なんとか♀だけ残って居てくれました。

灯台下暗しだなぁ。。。

稲が大きくなってきて見難いですが、なんとか見つけました。

Img_3695

Img_3816

Img_3846tamasigi

Img_3908
そのうち畦に上がりました。そばにいるケリが怒りません。なんでかなあ~。

Img_3925

Img_3989
ケリとの位置関係はこんな感じ。

他の鳥が来るとケリはすごい剣幕で追い払うのに、タマシギには無頓着sign02

Dsc_8926

Dsc_8979

そのうち忽然と姿を消し、どこを探してもいません。

おかしいなあ~と思いながら別の道から探すと、畦に座っていました。

Img_4032

Img_4040
もし最初にここにいたとしたら、見つけられずに帰ったと思います。

見られてラッキーでしたnote

«タカブシギが主役

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ